45

『アズールレーン』YostarがVTuberに技術協力 楠栞桜の麻雀配信が大盛況

POPなポイントを3行で

  • 『アズールレーン』『アークナイツ』のYostar
  • モーションキャプチャスタジオを設立
  • 麻雀好きVTuber・楠栞桜の3Dモデル披露配信に技術協力
『アズールレーン』YostarがVTuberに技術協力 楠栞桜の麻雀配信が大盛況

動画「【3Dお披露目】いっぱい動く私を見て!!【#楠栞桜3Dお披露目会】」より

スマートフォンゲームの開発/運営などを手掛けるYostarは3次元モーションキャプチャシステム「VICON」を 導入したモーションキャプチャスタジオの設立を発表しました。

独自開発の技術で3Dモデルの表情の切り替えや髪の毛や衣装の物理演算など高品質の3Dコンテンツの提供が可能になったとしています。

6月20日には、同モーションキャプチャスタジオにてバーチャルYouTuber(VTuber)・楠栞桜さんの3Dモデルお披露配信への技術協力を実施。この配信は、最大同時接続約3万3千人を記録するなど、大盛況のうちに終了しました。
【3Dお披露目】いっぱい動く私を見て!!【#楠栞桜3Dお披露目会】

VTuberとのコラボを進めるYostar

『アズールレーン×ホロライブ』コラボPV
中国の上海悠星網絡科技という企業を母体として2017年に設立されたYostarは、主に中国で開発されたゲームを日本でも運営しています。

その代表作としては、『アズールレーン』や『アークナイツ』といったスマートフォンゲームが知られています。

VTuberファンには、2019年11月から開催されたVTuberグループ「ホロライブ」と『アズールレーン』とのコラボイベントなどで馴染みの深い企業です。

今回、Yostarから3Dモーションキャプチャシステムによる技術協力を受けた楠栞桜さんは、麻雀やゲームなどを中心に配信をするVTuber。

竹書房の雑誌『近代麻雀』に連載を持つなど麻雀への愛はかなりのもので、プレイヤーを増やしているYostarのオンライン麻雀ゲーム『雀魂 -じゃんたま-』のYouTube公式番組「てん×くす」にて、同じくVTuberの天開司さんとともに司会を担当しています。

配信では髪の毛やスカートのフリルの揺れといった自然な重力表現やコロコロ切り替わる表情などを披露。可愛らしい仕草はもちろん、撮影会はAA(アスキーアート)でもお馴染みタンヤオのポーズなどで大いに盛り上がりました。
天開司と楠栞桜の『てん x くす』一局目
Yostarでは「これらのモーションキャプチャスタジオや技術を活用し、これからもより一層、皆様に楽しんでいただける3Dコンテンツを提供できるよう努めて」いくとしており、今回のようなVTuberとのコラボ配信はもちろん、モーションキャプチャー技術を活かしたゲーム開発にも期待ができそうです。

麻雀は気軽で奥深いコミュニケーションツール

なお、今回のお披露目でもプレイされていた『雀魂 -じゃんたま-』は基本プレイ無料のオンライン麻雀ゲーム。パソコンのブラウザ、iOSやAndroidのアプリなど、プラットフォームを越えて対戦可能です。

豪華声優陣起用の可愛らしいキャラクターのカットインなどリッチな演出と、スムーズな進行を助ける分かりやすいUIで人気を集めています。

最近では楠栞桜さんを中心としたVTuberはもちろん、ゲーム実況者にも実況タイトルとして採用され、コラボ配信や視聴者参加型麻雀の企画に利用される機会の多いタイトルです。

多くの人が触った経験のある、同時に実力の差がでる奥深いルールで知られる麻雀が、「STAY HOME」が叫ばれた非常事態宣言以降、気軽に楽しめるコミュニケーションツールとして再び広がりを見せるのかも知れません。
雀魂 CM 好評配信中にゃ

気軽に遊んで溶ける時間

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「麻雀」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 31

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ