10

ゲーム配信の帝王 Ninjaがフリーに? Mixer終了、Twitchの牙城崩れず

POPなポイントを3行で

  • Microsoft「Mixer」がサービス提供の終了を発表
  • 「Facebook Gaming」への移行をサポート
  • ゲームストリーマー・Ninjaがフリーに
ゲーム配信の帝王 Ninjaがフリーに? Mixer終了、Twitchの牙城崩れず

画像は「Mixer」公式ブログから

Microsoftが運営する配信プラットフォーム「Mixer」が、7月22日で終了することが発表された。

「Mixer」はサービスの終了に際してFacebookと提携。同社が運営するゲームコミュニティ「Facebook Gaming」へのコミュニティの移行を、可能な限りサポートするとしている(外部リンク)。

配信プラットフォームの終了というのも大きなニュースだが、注目を集めている理由はそれだけではない。

「Mixer」の終了に伴って、2019年から同プラットフォームと専属契約を交わしていた“ゲーム配信界の帝王”ことゲームストリーマー(配信者)のNinjaさん、トップストリーマーのshroud(Michael Grzesiek)さんが、配信プラットフォームに縛りがないフリーランス状態となったのではないか、と考えられるからだ。

「Mixer」終了で際立つ「Twitch」の盤石

Leaving Twitch - The Next Chapter
「Mixer」は2019年8月に、Amazon傘下の配信プラットフォームにして業界の牽引役「Twitch」から人気ストリーマーのNinjaさん、同年10月にはshroudさんの引き抜きに成功。

トッププレイヤーの引き抜きにより業界の勢力図に大きな変化をもたらしり、今後の展開に期待が集まっていた。 しかしその後、わずか1年も経たずして「ゲーマーに提供したいビジョンと体験には及ばないことが明らかになったため」とし、「Mixer」の終了を決定(外部リンク)。

いまだ盤石の体制を保つ「Twitch」の牙城を崩すには至らなかった。 なお、当のTwitchは、Mixer終了とFacebook Gaming移行の発表を受けて、Twitterにこう投稿している。

「より多くのプレイヤーが、あらゆるゲームをより良くすることでしょう。Mixerは、信じられないほどのプラットフォームを構築し、才能のあるクリエイターによる情熱的なコミュニティを成長させました。

そして、Mixerのコミュニティにとって、困難な時期に直面しています。必要な時間をかけて、Twitchがお手伝いできることを知ってほしい」 Twitchのツイートより(翻訳は編集部)

引き抜きされた相手にも手を差し伸べる王者の貫禄か。はたまた、Facebook Gamingへの挑戦状か。

「Mixer」終了を受けて注目されるNinjaの動向

「Mixer」の終了により、専属契約を交わしていたNinjaさんとshroudが、配信プラットフォームを自由に利用できるフリーの身になった可能性がある。

今後「Mixer」以前に所属していた配信プラットフォーム「Twitch」とまさかの再会となるのか、それともフリーのまま、様々な配信プラットフォームを渡り歩くのか。その動向に注目が集まっている。

なにはともあれゲームは今日も楽しい

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Ninja」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 6

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ