9

「BAZOOKA!!!第17回高校生RAP選手権」新型コロナウィルス感染拡大懸念で中止

POPなポイントを3行で

  • 高校生RAP選手権、中止
  • 番組終了で開催が危ぶまれていた
  • 次世代ヒップホップスターの登竜門
「BAZOOKA!!!第17回高校生RAP選手権」新型コロナウィルス感染拡大懸念で中止

「高校生RAP選手権」の様子

3月24日(火)に開催が予定されていたMCバトルの大会「BAZOOKA!!!第17回高校生RAP選手権」が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止となった。

公式サイトでは「スタッフ一同、開催にむけて準備をして参りましたが、想定を上回る緊急事態に苦渋の決断をせざるを得ない状況となり、イベントの開催を楽しみにお待ちいただいた皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。」と経緯を説明している。

若手ラッパーの登竜門「高校生RAP選手権」

「高校生RAP選手権」は、BSスカパー!が主催するフリースタイルMCバトルの大会。

アンダーグラウンドカルチャーを掘り下げる番組「BAZOOKA!!!」のスタジオ企画として2011年より開始され、規模の拡大に伴い、年に2回のペースでイベントとして運営されてきた。
漢 a.k.a. GAMI × FORK「高校生RAP選手権がもたらしたもの」
2019年8月に「BAZOOKA!!!」の終了に伴い、「高校生RAP選手権」の存続も危ぶまれていたが、先日イベントの続行を宣言したばかりだった。 長い歴史の中で、T-Pablowさん、WILYWNKAさん、GOMESSさん、MCニガリ a.k.a 赤い稲妻さん、Weny Dacilloさん、Rude-αさん、Lick-Gさん、OZworld a.k.a. R'kumaさん、ちゃんみなさん、Novel Coreさん、Authorityさんなど、現在も一線で活躍する人気アーティストたちを数多く輩出してきた。

「高校生RAP選手権」のオーディエンスの多くは10代。小中高で一斉臨時休校が行われる中、新たなスターの登場を心待ちにしていたヘッズも多いはず。今後の開催は未定とのことだが、次回が無事に開催されることを祈りたい。

「高校生RAP選手権」を振り返る

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「T-Pablow」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 4

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ