11

POPなポイントを3行で

  • ゲーム雑誌『電撃Playstation』が定期刊行終了
  • Webメディア「電撃オンライン」やYouTubeは継続
  • 理由は雑誌などのメディアを取り巻く状況の変化など
ゲーム誌『電撃Playstation』定期刊行を終了 25年の歴史に幕

『電撃PlayStation』Vol.684/画像は公式サイトより

PlayStationの専門誌『電撃PlayStation』が、3月28日(土)発売の686号をもって定期刊行を停止する。

25年間に渡り刊行された『電撃PlayStation』

1994年より25年間に渡って刊行されてきた雑誌『電撃PlayStation』。

近年ではWebメディア「電撃オンライン」や同メディアのYouTubeチャンネルにて「電撃PS Live」と題した番組を配信するなど、誌面の枠を越えたコンテンツを発信していた。

終了の理由について編集長の千木良章さんは、「雑誌などのメディアを取り巻く状況の変化や、ゲーム情報発信のあり方の変化など、さまざまな要因に伴い、『電撃PlayStation』の定期刊行は終了させていただきます」としている。

なお、不定期刊行の増刊、ムック等の形式では、刊行物の制作を検討中。

『電撃PlayStation』の名を冠したWebでの記事や「電撃PS Live」での配信、動画については、今後も変わらず「電撃オンライン」上で展開していくという。

現在、PlayStation専門誌として毎月刊行しております雑誌『電撃PlayStation』は、3月28日発売のVol.686をもちまして、定期刊行を停止いたします。

 編集部では、1994年のVol.1刊行より25年にわたって多くの読者の皆様に支えていただいた『電撃PlayStation』、そして近年ではWebメディアである電撃オンラインでの記事、YouTubeの電撃オンラインchで行っている配信番組『電撃PS Live』にてコンテンツを発信してまいりました。しかし、雑誌などのメディアを取り巻く状況の変化や、ゲーム情報発信のあり方の変化など、さまざまな要因に伴い、『電撃PlayStation』の定期刊行は終了させていただきます。

 なお、不定期刊行の増刊、ムック等の形では、刊行物の制作を検討しております。また『電撃PlayStation』の名を冠したWebでの記事や『電撃PS Live』の配信、動画については、今後も変わらず電撃オンライン上で展開してまいります。

 『電撃PlayStation』は、ゲームが好きで好きでたまらないスタッフとともに、ゲームが好きで好きでたまらない読者の皆様とゲームのおもしろさを共有し、一緒に楽しむために作り続けてきました。四半世紀のあいだ、大好きなゲームのことで読者の皆様と盛り上がることができたのは、『電撃PlayStation』のスタッフ一同、幸せでした。読者の皆様には深く深く感謝しております。

 最新号である2月28日発売のVol.685、そして3月28日発売のVol.686でもそれは変わらず、今まで以上に濃い記事を全力でお届けしてまいりますので、皆様何卒よろしくお願いいたします。 2020年2月26日『電撃PlayStation』編集長 千木良 章(外部リンク

『電撃PlayStation』4月号 Vol.685をAmazonで購入する

遊びの枠を超えるゲーム

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「電撃PlayStation」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 5

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ