KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

16

映画『ソニック・ザ・ムービー』新ビジュアル解禁 生まれ変わったソニックの姿

映画『ソニック・ザ・ムービー』新ビジュアル解禁 生まれ変わったソニックの姿

『ソニック・ザ・ムービー』

POPなポイントを3行で

  • 映画『ソニック・ザ・ムービー』上映日が決定
  • ポスタービジュアル、新予告も公開
  • 批判を経てつくり直された新デザインは好評
映画『ソニック・ザ・ムービー』の日本公開日が2020年3月27日(金)に決定したことが明かされた。

さらに、最新予告編やポスタービジュアルも解禁。「音速の青いハリネズミ」ソニック・ザ・ヘッジホッグが縦横無尽に駆け回るポップな映像に仕上がっている。

ポスタービジュアルでは、ソニックがゲームやアニメでお馴染みのキメゼリフで「ノープロブレム!ここはオレにまかせとけ!」と、余裕の表情を浮かべ、ゲームのアイコン的アイテムのリングで遊ぶ姿が描かれている。
『ソニック・ザ・ムービー』新予告

初期ソニックのデザインには酷評も

本作は以前より特報映像が公開されていたものの、そこに登場した主人公ソニック・ザ・ヘッジホッグのキャラクターデザインが「全然似ていない」「気持ち悪い」「ソニックとは名ばかりの別の生物」だとしてファンから批判が集まった。

その結果を受け、監督のジェフ・ファウラーさんが自らのTwitterアカウントで「Taking a little more time to make Sonic just right.(ソニックをちゃんとしたものにするため、もう少し時間がかかります)」とメッセージを残し、公開日も延期となっていた。 監督の勇気ある決断も含め、新たに発表されたソニックのデザインは、すでに多くのファンも拍手で受け入れている。

本作は『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツさんと、『デッドプール』のティム・ミラーさんといったハリウッド界の才能がプロデュース。

アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされたことのあるジェフ・ファウラーさんは、初の実写映画監督作品となる。

日本発のキャラクター・ソニックが、世界の才能の手によって再発進。世界中を超高速で駆け回る、スピードアドベンチャーに期待がかかる。 (c)2019 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

2020年、楽しみな映像作品

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

11
Share
0
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ