20

YouTube利用規約に不安の声 独自裁量でアカウントが削除される可能性

POPなポイントを3行で

  • YouTubeが新たな利用規約を発表
  • 独自の裁量によりサービスの解除が行えるように
  • 「収益できていないアカウントの解除はない」
YouTube利用規約に不安の声 独自裁量でアカウントが削除される可能性

YouTubeの新たな利用規約に物議

12月10日(火)に更新されるYouTubeの利用規約にある「アカウントの停止と解除」の項目の一部が話題になっている。

そこにはYouTubeが独自の裁量により、サービスの提供が採算に合わない事業と判断した場合、ユーザーへのサービスのすべて、もしくは一部へのアクセスを解除(チャンネルやアカウントの削除など)できるという趣旨が明記してある。


YouTube が独自の裁量により、お客様への本サービスの提供がもはや採算に合わない事業となったと判断するに至った場合、YouTube はお客様またはお客様の Google アカウントによる、本サービスの全部もしくは一部へのアクセスを解除できるものとします。 YouTube 利用規約から引用

特に「独自の裁量」「お客様への本サービスの提供がもはや採算に合わない事業となったと判断するに至った場合」という2点は様々な解釈ができる曖昧な文言ということもあり、実際どのような仕様になるのか注目されている。

「採算に合わない」は収益を指していない

YouTube 利用規約/画像はYouTube利用規約ページのスクリーンショット

YouTubeの独自の裁量については新しい利用規約でも詳細がまったく明かされておらず、完全なブラックボックスと化している。そのため何がサービスの解除に触れる行動なのか、現状ではまったくわからない。

対して「採算に合わない」という部分に関しては、YouTubeヘルプチームのTwitterの公式アカウントが言及。「収益化できていないアカウントを終了させることはない」としている。 しかし依然として独自の裁量に関する詳細は曖昧なままになっている。

今後はYouTubeにしかわからない

YouTubeの利用規約の更新に関するRedditのページ/画像はReddit当該ページのスクリーンショット

雑多なテーマで活発な議論が行われているアメリカの投稿型ソーシャルサイト・Redditでは、今回の変更を巡って多くの意見が上がっている(外部リンク)。

例えば「人種に関する差別的な動画を投稿しているアカウントをこれで削除できるのでは」といったものから、ヨーロッパ圏(EU域内)の個人情報を保護する目的で2016年から施行されているGDPR(EU一般データ保護規則)に絡めたものまで、その方向性は様々だ。

しかしそのどれもが憶測の域を出ないものであり、シンプルに言えばYouTubeにしか未来が見えていないのが現状である。

この変更が今後どのような影響をもたらすのか、特にYouTuberは注目しておいたほうがいいだろう。

どうなる未来?

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「YouTube」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 15

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ