19

POPなポイントを3行で

  • 映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』特報映像
  • 『シェイプ・オブ・ウォーター』ギレルモ・デル・トロが製作
  • 原作は全米の学校図書館での蔵書が禁止

最新ニュースを受け取る

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』

米アカデミー賞4部門を受賞した映画『シェイプ・オブ・ウォーター』手がけた監督であるギレルモ・デル・トロさんが、ストーリー原案と企画/製作を担当した映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』(原題:SCARY STORIES TO TELL IN THE DARK)が2020年2月28日(金)に公開される。

国内公開日の発表と同時に、不穏さたっぷりの特報映像とポスタービジュアルも解禁。

ピアノ音楽にいっそう恐怖心を煽られる特報映像のラストシーンでは、デル・トロさんがこだわりを詰め込んだフォルムの"何か"が登場。後ろ姿のみがアップで映し出されるが、ポスタービジュアルでは、その"何か"は真っ赤な廊下の奥に佇んでいることが確認できる。

全米の学校図書館での蔵書を禁じられた原作

本作の原作である児童書「スケアリーストーリーズ 怖い本」シリーズ(作:アルビン・シュワルツ)は、累計売上部数700万部を誇っているものの、全米の子どもたちにトラウマを与えたという理由から、全米の学校図書館に置くことを禁止された「いわくつき」の作品。

実際に起きた事件を連想させるような描写、おどろおどろしい挿絵に教師や親から「過激すぎる」と苦情が殺到したが、10代の頃のデル・トロさんはこの作品に多大な影響を受けたという。

デル・トロさんは今回、自身の原点とも言える子ども時代の愛読書を満を持して作品化。監督には、ゾッとするような映像表現に定評のあるアンドレ・ウーヴレダルさんが抜擢。

デル・トロさんの「今作を任せられる監督は彼しかいない」というお墨付きのもと選ばれ、強力なタッグが実現することとなった。

ハロウィンの夜 本から始まる恐怖

『スケアリーストーリーズ 怖い本』

読むな危険。その本は、絶対に開いてはいけない―
ハロウィンの夜、町外れの幽霊屋敷に忍び込んだ子供たちが一冊の本を見つける。
そこには噂に聞いた怖い話の数々が綴られていた。持ち帰った次の日から子供がひとり、またひとりと消えていく。
そして、その“怖い本”には毎夜ひとりでに新たな物語が書かれていくのだ。
主人公は消えた子供たち。彼らが“いちばん怖い”と思うものに襲われる物語がそこにあった。
次の主人公は誰なのか? 子供たちはどこへ消えたのか?“怖い本”の呪いからはだれひとり逃げられない―。 ストーリー

消えた子どもたちが主人公の物語。あらすじと特報映像だけでもすでにぞっとする作品だ。

全米では上映初日に1位を獲得した大ヒット作品が、ついに日本にも上陸する。

(c)2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

怖いもの見たさで見てしまう映画たち

こんな記事も読まれています

作品情報

『スケアリーストーリーズ 怖い本』

公開日 2020年2月28日(金) 新宿バルト9ほか全国公開
監督 アンドレ・ウーヴレダル
ストーリー原案・製作 ギレルモ・デル・トロ
原作 アルビン・シュワルツ「Scary Stories to tell in the dark」シリーズ
配給 クロックワークス

関連キーフレーズ

「ギレルモ・デル・トロ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 6

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ