33

”いま見るべき”映画を語る『押井守の映画50年50本』 巨匠のセンスを学ぼう!

”いま見るべき”映画を語る『押井守の映画50年50本』 巨匠のセンスを学ぼう!

『押井守の映画50年50本』

  • 11 images

POPなポイントを3行で

  • 押井監督の映画分析本『押井守の映画50年50本』登場
  • 68年から各年1本ずつ"今見るべき映画"をチョイス
  • 発売日は8月12日(水)
うる星やつら』『機動警察パトレイバー』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』など、今なお語り継がれる名作を数々描き出してきた監督・押井守

そんな押井守監督が、自身が高校生だった1968年から各年の発表年にあわせて「いま見るならこの1本」という基準で選んだ映画を解析する『押井守の映画50年50本』が発売される。

押井監督による『ウォッチメン』の解析

発売日は8月12日(水)。価格は税抜き2,200円となっている。

【画像】押井監督は名作たちをどう分析する?

キューブリックからポン・ジュノまで、名作映画を語りつくす

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』予告編
本書のスタートとなる1968年は、SF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』が公開された年。

しかし押井守さんは、意外にも『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』をチョイス。

そのため、なぜいま見るなら『2001年宇宙の旅』ではないのかを詳述することから本書ははじまる。

同作を撮ったスタンリー・キューブリックさん、からクエンティン・タランティーノさんの『レザボア・ドッグス』、ポン・ジュノさんの『殺人の追憶』、そしてギレルモ・デル・トロさんの『シェイプ・オブ・ウォーター』まで、各年1本ずつ50本+『2001年宇宙の旅』の計51本を語りつくす。

「前書き」よりの引用
「そんな映画まみれの男にその映画人生を回顧させつつ、昔はものを思はざりけり(権中納言敦忠)の高校時代から現在に至るまで、その年ごとに公開された映画の中から1本の映画を選ばせて(思い出させて)語らせたら、映画マニアあるいはシネフィルと呼ばれる読者になにがしか益するところがあるのではないか。あわよくば高度経済成長からバブルを経て昨今のヘタレた日本の戦後史の一部を、映画を通じてフレームアップできるのではないか--と、企画者および編集者は考えたのでしょう(確信的推論)」

現在、押井守監督は、アニメーション演出家の西村純二さんと『うる星やつら』以来のタッグで制作される新作『ぶらどらぶ』を制作中。

新作を前に、本書を読んで押井守作品の世界観を予習しよう。

【画像】押井監督は名作たちをどう分析する?

ユニークな視点で世界を読み解こう

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

11
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ