押井守の傑作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』Prime Videoで見放題に

押井守の傑作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』Prime Videoで見放題に
押井守の傑作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』Prime Videoで見放題に

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』/画像はAmazonより

押井守監督の劇場版アニメ『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』がAmazonのPrime Videoで見放題配信される。

これまではPrime Video内でのレンタル・購入が必要だったが、劇場公開からちょうど40年となる2月11日(日)から、プライム会員なら無料で視聴できる。

※2月2日:配信中止となった点を追記
※2月11日:見放題配信された点を追記

押井守の出世作となった『ビューティフル・ドリーマー』

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は1984年2月11日に公開。「うる星やつら」劇場版シリーズとしては2作目に当たる。

高橋留美子さんの連載デビュー作である同名漫画を原作に、TVアニメ版でもチーフディレクターだった押井守さんが監督/脚本を担当した。
Blu-ray発売時の告知CM
諸星あたるやラムたちお馴染みのメンバーが、文化祭前日を繰り返す世界に捕われ、奇妙な体験を繰り広げながらループから抜け出すために奔走する“ループもの”。

その後『機動警察パトレイバー the Movie』や『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などを手がける押井守さんの出世作にして、原点ともいわれる作品だ。

SF作品として高い評価を獲得する一方で、同じく押井守監督の劇場版第1作との雰囲気の違いなどから、賛否両論のある作品としても知られている。

2月2日追記:『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』のアマプラ配信が中止に?

AmazonのPrime Video内、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』の配信ページから、見放題配信日に向けたカウントダウンが消失。

記事公開時にはあった「まもなくPrimeで◯日以内に公開」のテキストがなくなり、これまで通り、レンタル・購入のみが表示されている。

1月31日17時に、Prime Videoの公式Xアカウントが投稿した2月の配信作品にも記載されていない。 原因は不明ながら、SNS上ではドラマ『セクシー田中さん』の原作者である漫画家・芦原妃名子さんが亡くなった件の影響を指摘する声も上がっている。

なお、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は長年、「原作者の高橋留美子さんと押井守監督との関係が悪化した」などと言われていたが、『週刊少年サンデー』2020年44号に掲載されたインタビューで高橋留美子さん本人が否定している。

2月11日追記:『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』見放題配信が開始

配信がなくなったと思われていたが、2月11日に見放題配信が開始された。

高橋留美子の名作『うる星やつら』

『うる星やつら』は人気漫画家・高橋留美子さんの連載デビュー作。

地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女・ラムのボーイ・ミーツ・ガールを中心としたラブコメディ。

1981年から1986年にアニメ化。劇場版も6回にわたって制作されるなど多くの支持を集めた。

2022年には小学館創業100周年を記念して、選び抜かれた原作エピソードで完全新作として再びアニメ化。第1期は2022年10月から2クール連続放送され、第2期が2024年1月から放送されている。

※一部記述に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

『うる星やつら』と押井守についてもっと知る

関連キーフレーズ

3件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

onda

恩田雄多

ご指摘ありがとうございます。編集部の恩田と申します。
大変失礼いたしました。先ほど記述を改めさせていただきました。

contents_check

contents_check

記事の後半に
“『うる星やつら』は人気漫画家・高橋留美子さんのデビュー作。”
とあるが、デビュー作は『勝手なやつら』
Wikiをさらっとチェックして記事書いちゃうような低レベルのライターしかいないの?

相手をリスペクトしてない点では、最近問題になってる脚本家と大差ない。

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん(ID:9582)

この作品は原作者の高橋留美子さんが、原作に忠実でなく、嫌な思いをした作品だと思います。日テレのドラマの件もあり、このタイミングでのキャンペーンに、原作者の思いがなかったことにされた作品は今までも多く、作ってしまったもの勝ちな感じが残念です。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

アニメ・漫画の週間ランキング

アニメ・漫画の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ