22

ジェームズ・キャメロン監督がSF映画談義 スピルバーグやデルトロら重鎮と

POPなポイントを3行で

  • 『アバター』監督ジェームズ・キャメロンがSF映画談義
  • ギレルモ・デル・トロら6名の巨匠を招いて語り尽くす
  • SF映画のこれまでと未来がギュッと詰まった1冊
ジェームズ・キャメロン監督がSF映画談義 スピルバーグやデルトロら重鎮と

『SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクションの世界(仮)』/画像はAmazonより

SF映画の名作『アバター』やヒット作『アリータ:バトル・エンジェル』を生み出したジェームズ・キャメロンさんがSFを語り尽くす書籍『SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクションの世界(仮題)』が、6月12日(金)に発売される。

ジョーズ』や『E.T.』などを手がけたスティーヴン・スピルバーグさんや、『パシフィック・リム』『シェイプ・オブ・ウォーター』を監督したギレルモ・デル・トロさんら、ハリウッドで活躍する6人の重鎮を招いて、ジェームズ・キャメロン監督とSFの各ジャンルやSFのこれまでと未来を語る。

SFに見せられた映画のつくり手

ジェームズ・キャメロンさんはこれまでに、『ターミネーター2』や『タイタニック』など、誰もが知る名作の監督をつとめ、世に送り出してきた。

ジェームズさんが脚本を手がけた2019年公開の『アリータ:バトル・エンジェル』は、漫画家・木城ゆきとさんの漫画『銃夢』が原作のアクション映画。CG技術を駆使した映像美と、繊細で普遍的な人物や感情の描写が高く評価され、その年のヒット映画となった。
映画『アリータ:バトル・エンジェル』本予告
また、ジェームズさんの監督作品といえば『アバター』を忘れてはいけない。2009年に公開された同作の興行収入は、日本国内だけでも156億円を突破した。

それほどの人気作品となった同作は、現在すでに続編4作品の公開が発表されている。

スピルバーグやデルトロ、豪華な面々での映画談義

『SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクションの世界』では、SFというジャンルにとどまらず、多彩なジャンルにおいて話題作やヒット作をつくり出してきたジェームズさんが、自身の愛するSFというジャンルについてとことん語る1冊だ。

ジェームズさんとSF談義を交わすのは、スティーヴン・スピルバーグさん、ギレルモ・デル・トロさん、ジョージ・ルーカスさん、クリストファー・ノーランさん、アーノルド・シュワルツネッガーさん、リドリー・スコットさんの6人。いずれもSF映画に深く携わってきた重鎮ばかりだ。

同書は6つのチャプターに分かれており、『2001年宇宙の旅』や『ターミネーター』といった名作を取り上げながら、さまざまなジャンルのSFについて紹介。同書を読んだあとにSF映画を観れば、新たな知見を得られるかもしれない。

●まえがき 我々人類はどこからきて、どこへ向かうのか。SF作品の根源的テーマについて。
by ジェームス・キャメロン

●Lesson1 ジェームス・キャメロン/すべての始まりは『世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す』(1956)
・コラム1 地球外生命体 by ゲイリー・K・ウルフ

●Lesson2 スティーヴン・スピルバーグ『/水爆大怪獣映画ゴジラ』(1954)にみる地球外生命体の存在意義
・コラム2 宇宙空間 ブルックス・ペック

●Lesson3 ジョージ・ルーカス/宇宙船を愛する先にあったスペース・オペラの世界
・コラム3 タイムトラベル by リサ・ヤスゼック

●Lesson4 クリストファー・ノーラン『/2001年宇宙の旅』(1968)に見る「場所」を超越した「時空」の世界
・コラム4 モンスターの肖像 by マット・シンガー

●Lesson5 ギレルモ・デル・トロ/ホラーとSF世界の共通する魅力=未知なる生物、モンスターへの恐怖
・コラム5 ダーク・フューチャー by マット・シンガー

●Lesson6 リドリー・スコット/ダーク・フューチャーが語ること。『雨の中の涙モノローグ』
・コラム6 人工知能 by シドニー・パーコウィッツ

●Special Lesson アーノルド・シュワルツネッガー『/ターミネーター』に端を発した人工知能をテーマとした映画

●あとがき 未来における未来とは? ポップカルチャーから見るSF映画の今後。
by ブルックス・ペック(ポップカルチャーミュージアム、キュレーター)Amazon 商品紹介ページより

観るも読むも奥深いSFの世界

こんな記事も読まれています

書籍情報

SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクションの世界(仮)

発売日 2020年6月12日(金)
価格 3,520円(税込)
出版社 DU BOOKS

関連キーフレーズ

「ジェームズ・キャメロン」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 9

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ