Google ロゴデザインコンテストが作品募集開始! 今年のテーマは「わたしも発明家」

Google ロゴデザインコンテストが作品募集開始! 今年のテーマは「わたしも発明家」
Google ロゴデザインコンテストが作品募集開始! 今年のテーマは「わたしも発明家」

Doodle 4 Google 2013 「わたしも発明家」 公式ページより

Googleが毎年開催している、小中高生を対象としたGoogleロゴマークのデザインコンテスト「Doodle 4 Google」が、今年は2013年6月18日から参加受付が開始されました。

Doodleとは、英語でいたずら書きを意味する言葉です。転じてGoogleでは、祝日や特別な発明の発表日などに、その日限定のデザインになっているGoogleのロゴのことを愛着を込めてDoodleと呼んでいるそう。そんなDoodleを、小中高生を対象にテーマに合わせて描いてもらうことで、創作を通して創造力の芽を育み、また、芸術とテクノロジーの結びつきを知る機会を創出することを目的としているのがこのコンテストです。

「Doodle 4 Google」は世界各国で開催されているコンテストで、日本では2009年から行われています。テーマは毎年異なっており、昨年は「100年先の未来」というテーマのもと、全国から10万を超える応募がありました。その中から選ばれた栄えあるグランプリ受賞作品を紹介します。

2012年グランプリ受賞作品「Next Our Home」

この「Next Our Home」と題されたDoodleを制作したのは、高校2年生。100年後、果たして私たちは宇宙で生活ができているのでしょうか。そんな夢と期待感が感じられる作品です。次に、「私の好きな日本」というテーマで、日本ではじめて開催された2009年のグランプリ受賞作品も見てみましょう。

2009年グランプリ受賞作品「日本の休日」

小学校6年生が制作したこのDoodleのタイトルは「日本の休日」。特別天然記念物に指定されているタンチョウヅルや、平安時代をテーマにしたカラーが使用されていて、日本独特の美しさが感じられます。これを小学生が作ったということは驚きです!

その他にも、こちらのページではグランプリ以外にも地区代表作品、部門最優秀受賞作品など、さまざまな過去の受賞作品を見ることができます。それ以外にも過去に使用されたDoodleが、こちらのページにて各国別に公開されています。

さて5回目を迎える今年の「Doodle 4 Google 2013」のテーマは「わたしも発明家」。身近なものから世界を変えるような発明まで、あったらいいな、つくってみたいな、と思うモノやコトを、子供たちの豊かな発想力で表現して欲しいという思いが込められているようです。

参加資格は日本在住の満18歳以下の小中高生。応募は20名以上1グループ単位(クラス、クラブ、部活動など)で行うこととなっており、学校教員の指導のもと申請することが必要です。参加申請の期限は9月6日(金)まで。なお、受賞作品はGoogleのトップページに1日掲載されます
子どもならではの自由な想像力でつくられる「発明」をテーマにしたDoodleは、一体どのようなものなのか。公開が今から楽しみですね。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

情報化社会の週間ランキング

情報化社会の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ