130

POPなポイントを3行で

  • 刈谷仁美が初の個展『かりや展』を開催
  • 『なつぞら』などの原画を展示
  • 会場は西荻窪・ササユリカフェ

最新ニュースを受け取る

NHK『なつぞら』OPを手がけた刈谷仁美 ササユリカフェで自身初個展

『かりや展』in ササユリカフェ

連続テレビ小説『なつぞら』のオープニングアニメーションでキャラクターデザインや原画、監督を担当したアニメーター・刈谷仁美さんの初の個展『かりや展』が、5月30日(木)から8月19日(月)の期間で開催される。

展示されるのは、学生時代からの刈谷さんの陶芸や油絵などに加えて、自身がオープニングムービーの作画監督をつとめたスマートフォン向けゲーム『ブレイドスマッシュ』や『なつぞら』のオープニングアニメーションの原画、資料など。

刈谷さんの個人的な落書きやアニメーター寮時代に描いたイラスト、『なつぞら』台本表紙のイラストやラフなど、初公開となる作品も多く並ぶ予定だ。

そのほか、全国から取り寄せた刈谷さんのイラストが使用されたアイテムの販売も予定されている。

アニメーション界を代表する新世代

刈谷仁美さんは、1996年生まれのアニメーター。専門学校在学中に短篇アニメ『漫画から出てきちゃった話』を制作し、同作でインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル観客賞の3位を受賞している。

2017年には、春からアニメーション制作会社に勤務予定の新人アニメーターを対象にした「新人アニメーター大賞」も受賞。
連続テレビ小説「なつぞら」オープニングタイトル
4月1日(月)より放送された、NHK連続テレビ小説100作目となる広瀬すずさん主演の『なつぞら』では、表題ロゴや台本表紙イラストを担当するなど、アニメーション界を代表する新世代のひとりだ。

アニメーターが作る憩いの空間、ササユリカフェ

本個展の会場となるのは、東京・西荻窪にあるササユリカフェ

カレーをメインに、ティータイムにもディナータイムにも立ち寄りたくなる幅広いメニュー展開が魅力のカフェだ。

オーナーである舘野仁美さんは、あのスタジオジブリで長年にわたり活躍し続けた元アニメーター。

交響詩篇エウレカセブン』や『ガンダム Gのレコンギスタ』を手がけたアニメーター・吉田健一さんや、『風の谷のナウシカ』や『AKIRA』に参加したアニメーター・なかむらたかしさんなど、アニメ関連の展示を多数開催してきた。

アニメーションに携わる関係者も足を運ぶというこの憩いの空間で、刈谷さんの作品を堪能する贅沢な時間を味わってみてはいかがだろうか。

様々なジャンルで活躍する日本人クリエイター

こんな記事も読まれています

イベント情報

『かりや展』in ササユリカフェ

開催期間 2019年5月30日(木)〜8月19日(月)
開催場所 ササユリカフェ
住所 〒167-0042 東京都杉並区西荻北 3-16-6 小美濃本社ビル4階
展示予定 学生時代からのオリジナル創作活動紹介(イラスト、油絵、陶芸など)
『漫画から出てきちゃった話』関連
『ブレイドスマッシュ』関連
連続テレビ小説『なつぞら』関連
販売情報 刈谷仁美の絵が使われた商品を全国からお取り寄せして販売予定。
注意 本展示の開催中は、お食事やデザートなどご提供しておりません。
座席は無く、展示を立って観るだけのギャラリー営業です。
ご入場の際には、お持ち帰りドリンクをお一人様ワンオーダーお願いいたします。
営業時間 11:00〜20:00
※毎週火曜日・水曜日 定休
貸切や立ち見営業など特別営業となる場合がございます。
詳しくはササユリカフェのTwitter(@sasayuricafe)などでご確認ください。

関連キーフレーズ

「刈谷仁美」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 14

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ