99

POPなポイントを3行で

  • 将棋棋士に愛される老舗みろく庵が3月で閉店
  • 藤井聡太をはじめトップ棋士が利用
  • 閉店報道の翌日に行ってみた

最新ニュースを受け取る

将棋界を支えた「みろく庵」閉店 加藤一二三からも悲しみの声

みろく庵常連のKAI-YOU.net編集部・恩田(@ondarion)
ほぼ「しょうが焼き定食」しか頼まない(元ジャニーズ)

長年にわたり将棋棋士たちに愛された東京・千駄ヶ谷の料理店「みろく庵」が3月末で閉店する。

1982年3月のオープンから創業36年。近くの将棋会館へ出前することでも知られ、藤井聡太七段が頼んだメニューでも注目された同店。

料理の出すスピードの早さや、定食屋としての雰囲気の良さも高評価だった「みろく庵」。すでに将棋棋士やファンからは次々と悲しみの声が上がっている。

多くの棋士に愛された老舗料理店

みろく庵外観 みろく庵は将棋会館が近いこともあり、羽生善治九段丸山忠久九段加藤一二三九段ら、トップ棋士が利用していたのは有名な話だ。

将棋ファンからは「聖地」として親しまれているみろく庵。2017年には快進撃を続けた藤井聡太さんが対局中に出前をとった「豚キムチうどん」に注目が集まった。 みろく庵の店内に飾られた出前時の写真 同じメニュー目当てに、多くのファンが足を運び一躍人気メニューになるほどの反響があった(外部リンク)。

BuzzFeed Newsの報道によると、閉店理由は建物の建て替えであり、「36年とみろく(庵)」の語呂合わせというコメントも掲載されている(外部リンク)。

「みろく庵」をよく利用していたKAI-YOU編集部が気になること

みろく庵 実はKAI-YOUでも、2017年にオフィスを千駄ヶ谷に移転後、徒歩30秒という立地とメニューの豊富さから頻繁に利用している。千駄ヶ谷にはランチが美味しい店がほぼないのも理由の一つだ。

閉店が報じられた翌日8日に行ってみると、普段は15時までのお昼の営業時間が14時30分の時点で準備中に。聞けば「品物がなくなってしまった」という。
みろく庵・看板猫のテンちゃん

みろく庵・看板猫のてんちゃん

時間を改めて夜営業のスタートとなる17時に訪店。座席の半数以上が埋まるなど、いつもと比べても多くの客が訪れていた。

ひとつ気になったのが、看板猫の存在だ。この日は姿を見せなかったが、閉店後にかわいらしい姿を見れなくなるのは残念だ(どうやら貰い手をゆるく募集しているらしい)。

みろく庵閉店にひふみん「将棋界をごはんで支えてくださった」

みろく庵の閉店にTwitterでは悲しみの声が広がっている。ひふみんの愛称で親しまれる棋士の加藤一二三さんは「将棋界を対局時の出前いわゆる勝負ごはんで支えて下さったみろく庵様閉店の報に寂しい思いでおります」と心境を告白。

将棋を題材にしたライトノベル『りゅうおうのおしごと!』の作者・白鳥士郎さんも「将棋ファンにも優しいお店でした…」とツイート。

ほかにも、多くの将棋関係者や利用者から、閉店を惜しむ声が寄せられている。

有名店の閉店相次ぐ…

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「みろく庵」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 18

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ