61

最新ニュースを受け取る

2016年、異様な盛り上がりをみせてきた日本のヒップホップシーン。

BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」や「フリースタイルダンジョン」といった番組で広く知られるようになったMCバトルの隆盛を皮切りに、いまや大手企業のテレビCMにラッパーが起用されるまでに注目を集めている。

しかし、ヒップホップシーンの着実な成長を支え、時にはビックバンのような変化の潮流を生み出しているのは、依然としてアンダーグラウンドやストリート、あるいはネットカルチャーで形成される、野心的で荒削りな名もなきヒップホップだ。 Twitterを中心に「ヤクブーツはやめろ」というフレーズと共に注目を集めるラッパーのSHOさん。

SHOさんの楽曲「薬物はやめろ」 では、このフレーズが繰り返し歌い上げられる。

元プロ野球選手の清原和博さんが麻薬取締法違反で逮捕・釈放された際、同曲を拡声器で歌い上げるSHOさんが話題を集めた。 SHOさんのYouTubeチャンネルではミュージックビデオをはじめ、時事性の高いフリースタイルラップや警察官から職務質問を受ける様子など、YouTuberのビデオブログのように日常生活を切り取った動画がアップロードされていく…。

こうした活動に加え、米国をはじめヒップホップシーンと密接な関係性を持つ、ドラッグを真っ向から否定する「ヤクブーツはやめろ」というフレーズ。

こうした特異なラッパー像を形成するSHOさんを、テレビ番組「ビートたけしのTVタックル」では「社会派ラッパー」というキャッチーな肩書きと共に紹介した。

また、BSスカパー!の番組「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」では「日本一叩かれたラッパー」として番組に出演。 ヘッズ(ヒップホップファン)からメディアまで、さまざまな呼称や評価がSHOさんに与えられる中、SHOさん自身はそれを静観するように、継続的な動画投稿や着実なライブ活動を続けている。

KAI-YOU.netではWebメディアとして、SNSやYouTubeなどインターネットを駆使したSHOさんの活動に注目しながら、よりリアルなSHOさんの姿に迫るインタビューを行った。

さらには、コンプラぎりぎりの「偽ヤクブーツ(小麦粉)ドッキリ」も敢行。すぐさまスクランブル交差点で「ヤクブーツはやめろ」を歌い始めるSHOさん……。

そして、ふと浮かぶ素朴な疑問。「彼は一体、何者なのか...。

理想のラッパー、理想のヒップホップ、理想の社会……。十人十色の答えをSHOさんは改めて問うているのかも知れない。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「KAI-YOU Videos」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 47

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ