51

元NHK広報 中の人が開設した個人サイトが懐しい 目指せキリ番ゲット

元NHK広報 中の人が開設した個人サイトが懐しい 目指せキリ番ゲット

画像は「浅生鴨のホームページ」スクリーンショット

元NHK職員であり、在籍時にはNHKの広報としてTwitterの中の人を担当していた作家・浅生鴨(あそうかも)さんが5月31日に自身のWebサイト「浅生鴨のホームページ」を開設。

そのサイトが、かなり懐かしい感じのホームページになっていることで話題を呼んでいます。

NHK_PR1号として好評を博した浅生鴨さん

浅生鴨さんは、かつてNHKの広報Twitterにて「NHK_PR1号」として同放送局の様々な情報発信を行っていた人物。2014年7月末にNHKを退職してからは作家として活動しています。

NHKのアカウントらしからぬ日常的なつぶやき、サブカル的な話題やネットスラングまでも織り交ぜて投稿するなど、ゆるめなツイートが話題を呼び、書籍『中の人などいない @NHK広報のツイートはなぜユルい?』をNHK_PR1号名義で刊行。

2014年春、退職を前にTwitterを引退。新潮社の『yom yom』、講談社の『群像』といった文芸誌に小説・エッセイを寄稿。作家になってからも顔出しはしていません。

懐かしいホームページと珍妙なBGM

画像は「浅生鴨のホームページ」スクリーンショット

そんな浅生さんが開設した「浅生鴨のホームページ」を訪れると、突然80年代に世界中で大ヒットしたノルウェーのバンド・a-haの楽曲「Take On Me」リコーダーバージョンのBGMが流れます。

ゆるすぎて逆に完成度が高い音色には、コピーライターの糸井重里さんもツッコミを禁じ得ないほど。 さらに、思わず「キリ番 ゲトー⊂(゚Д゚⊂ `つ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ズサー」と言いたくなるような「あなたは◯◯人目のお客様です」という訪問者数のカウンターも表示。

トップページのニュース欄は、無駄にカラフルな文字が往復するために少し読みづらいですが、「昔はこんなホームページばっかりだったな」と感慨深い気持ちになります。

また、「鴨の部屋」「アルバム」「掲示板」などのコンテンツを設置しているものの、そのほとんどが工事中となっています。 ほかにも「100の質問」「イラストコーナー」、そして、隠しページのような「秘密の部屋」などもありますが、すべてリンク先はなし。かつて携帯電話向けのサイト作成サービス・魔法のiらんどなどでよく見た光景が広がっています。

今現在は、浅生鴨さん自身のFacebookページへのリンクのみが機能。

お気に入りに追加する」ボタンや、ページ末尾の「またきてね」という文言など、随所に10年以上前の個人サイトを感じさせる仕掛けがあるので、人によってはノスタルジーを感じてしまうこと請け合いです。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

17
32
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ