374

グッチの服が「ジョジョ」ミスタの衣装に激似 荒木飛呂彦は無関係

グッチの服が「ジョジョ」ミスタの衣装に激似 荒木飛呂彦は無関係

パターン入り ウール クルーネックセーター/画像はGUCCIの公式サイトより

最高級ブランドの一角として世界中で愛されるGUCCI(グッチ)のとある商品が、漫画家・荒木飛呂彦さんの作品『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するキャラクターであるグイード・ミスタの衣装と酷似していると一部で話題を呼んでいる。

該当の商品は「パターン入り ウール クルーネックセーター」。現在、GUCCI公式通販サイトにて、13万5千円(税込)で購入することができる。

ミスタの衣装がグッチで買える⁉︎

グイードミスタ/画像はAmazon.co.jpより

グイード・ミスタは、『ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風』に登場するキャラクター。

拳銃の扱いに長け、ギャングスターへ登りつめて行く主人公のジョルノ・ジョバァーナをサポートする。また、縁起の良し悪しを気にする傾向があり、「4」という数字を連想してしまうと、極端に弱気になる一面を持っている。

ミスタの衣装は、今回のグッチのセーターと同じく、青地の布に網目状の模様。さらに、袖口も同様に赤系の色で切りかえされており、異なる箇所を見つけ出す方が困難なほどだ。

グッチと荒木飛呂彦の密接な関係

荒木飛呂彦原画展「ジョジョ展」発表会

荒木飛呂彦さんは、モード誌『SPUR』に掲載された読み切り作品「岸辺露伴 グッチへ行く」「徐倫、GUCCIで飛ぶ」を描き下ろすなど、グッチとともに大々的なコラボレーションを行ってきた。

キャラクターはすべて、当時の最新コレクションに登場した実在するグッチの服に身を包んでおり、その高い芸術性で各方面から喝采の声が挙がった。

さらに、「徐倫、GUCCIで飛ぶ」は、2013年1月から2月にかけて、全世界のグッチ直営ショップに掲示。その反響は日本国内に留まらない。 加えて、イタリア・フィレンツェで荒木飛呂彦さんの原画展が開かれた際には、グッチが主催者となり、会場にブランド創設当初に使用されていた建物が使用された。

読み切り作品では、グッチの職人や工房に受け継がれる伝統の技術が描かれていた。今回話題となっている商品を見るに、荒木さんの黄金の精神もまた、グッチの中で受け継がれているのかもしれない…!

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

225
149
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ