『龍が如く』実写ドラマ化、桐生一馬役は竹内涼真 Prime Videoで世界独占配信

『龍が如く』実写ドラマ化、桐生一馬役は竹内涼真 Prime Videoで世界独占配信
『龍が如く』実写ドラマ化、桐生一馬役は竹内涼真 Prime Videoで世界独占配信

Amazon Originalドラマ『龍が如く~Beyond the Game~』

ドラマ『龍が如く~Beyond the Game~』(英題『Like a Dragon: Yakuza』)が、10月25日(金)よりPrime Videoにて世界独占配信されることが決定した。

セガの大ヒットゲーム「龍が如く」シリーズを基に、オリジナル脚本で制作されるクライム・サスペンスアクション。全6話で各3話が金曜日に配信される。

“堂島の龍”と呼ばれる主人公・桐生一馬は竹内涼真さんが担当。映画『百円の恋』やドラマ『全裸監督』で知られる武正晴さんが監督を担当する。

セガの大ヒットゲーム「龍が如く」シリーズ

セガの人気ゲーム「龍が如く」シリーズは、“大人向けのエンターテインメント作品”というコンセプトを基に、2005年に誕生。

巨大歓楽街に生きる主人公たちの人間模様をテーマに、これまでゲームが決して踏み込むことのできなかったリアルな現代日本を表現してきた。

シリーズの主な舞台は、実在の歓楽街をモチーフにつくられた欲望と暴力が渦巻く街・神室町(かむろちょう)。

伝説の男・桐生一馬を中心とした熱き男たちの生き様をドラマティックに描き、国内外でファンを獲得している。

最新作『龍が如く8』ストーリートレーラー

1995年と2005年が交差 桐生と幼馴染の人生を描く

Amazonオリジナルドラマ『龍が如く~Beyond the Game~』(全6話)では、神室町を舞台に、“堂島の龍”と呼ばれる主人公・桐生一馬の成長物語をオリジナル脚本で描く。

喧嘩では右に出るものはいない桐生一馬は、義理人情に厚く、強く、正義感あふれる男。養護施設でともに育った家族同様の幼馴染たちを守るため、あることをきっかけに極道の世界に身を置くことに──。

『龍が如く~Beyond the Game~』記者会見に登場した、桐生一馬役の竹内涼真さん

1995年と2005年の二つの時間軸を交差させ、桐生と幼馴染たちそれぞれの人生をドラマティックに描く。

この二つの時間軸は、ゲーム本編でも物語のスタートにおいて重要な年。

『龍が如く 極』最後の公式トレーラー

実写ドラマではそれらがどのように描かれるのか、そして、ゲームの魅力の一つでもあるリアルな街並みは、実写ドラマでいかに表現されるのか、注目だ。

1
2

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

ゲームの週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ