16

BTS、グループ活動休止「K-POPは成長の時間を与えてくれない」事務所は否認

BTS、グループ活動休止「K-POPは成長の時間を与えてくれない」事務所は否認

ソロ活動の本格化を発表したBTS

韓国のアイドルグループ・BTS(防弾少年団)が、グループとしての活動を一時休止する意向を明らかにした。当面の間、メンバーはソロ活動に専念するとしている。

今回の発表は、6月14日に公式YouTubeチャンネルで公開されたBTSの9周年を記念した動画「BTS会食」内で明かされたもの。

動画では、デビュー9周年を迎えた感想とこれまでの活動を振り返る中、BTSのリーダーでありメインラッパーのRMさんの心情が綴られている。

RM「K-POP・アイドルというシステムは成長の時間を与えてくれない」

BTS (방탄소년단) 'Dynamite' Official MV
BTSは2013年6月13日に韓国でデビュー。2020年に「Dynamite」で米Billboardシングルチャートを制したほか、アジア発のアーティストとして数々の快挙を達成。世界を席巻するアイドルグループとなった。

しかし、RMさんによれば「『ON』(アルバム『MAP OF THE SOUL:7』のリード曲)と『Dynamite』までは手の上にあったのに、『Butter』『Permission to Dance』で、(BTSが)どんなグループなのか分からなくなった」「今、(音楽を通して)何を語ればいいのか分からない」と、壁にぶつかってしまったという。

また、「K-POPやアイドルというシステムの問題点は、僕たちに成長するための時間を時間を与えてくれないこと」と、BTSを取り巻く環境の問題点を指摘。

ARMY(BTSのファン)に対して申し訳ない気持ちを明かしつつも、「だから、一人で考える時間が必要なんだ」と、今回の決断に至った理由を明かした。

所属事務所BIGHIT MUSICは「グループ活動を併行」とコメント

6月10日には新アルバム『Proof』をリリースし、6月15日発表のオリコン週間デジタルアルバムランキングで初登場1位を記録しているBTS。

BTSの所属事務所であるBIGHIT MUSICは、今後の活動について「BTSはチーム活動と個別活動を並行する新しいチャプターを始める」として、グループ活動休止を否定。

加えて「メンバー各自様々な活動を通じて成長する時間になり、今後BTSがロングヒットするグループになるための滋養分になることが期待される。そのためにレーベルでも積極的に支援する」とコメントしている。

前述の動画では、メンバーがグループ活動とソロ活動を両立しつつ、個人として成長していくことの難しさに言及。一方で、ソロ活動の本格化は、BTSとしての第2章にとって重要なステップであるとも語っている。

今後BTSは、ソロアルバム発売、様々なアーティストとのコラボレーションなどを通じて「BTSチャプター2」がアナウンスされるという。ソロ活動はJ-HOPEさんをトップバッターに、順次明らかなる予定だ。
BTS (방탄소년단) ‘찐 방탄회식’ #2022BTSFESTA

BTSが成し遂げた功績

デビューから韓国国内外の新人賞を総なめにしたBTSだが、以降も世界各国で数々のアワードを獲得している。

アメリカのBillboard、イギリスのオフィシャルチャート、日本のオリコン、iTunes、Spotify、Apple Musicなど世界有数の音楽チャートで、CD販売数、ミュージックビデオ再生回数、SNS指数などの記録的な数値を更新。

また、スタジアムツアーを開催し、世界中のコンサート市場においてもグローバルアーティストとしての地位を守り続けている。

国連での演説やLOVE MYSELFキャンペーンなどにも参加。さらには、第63回グラミー賞(2021年)で韓国歌手として初めて候補に挙がったのに続き、単独パフォーマンスを繰り広げ、第64回グラミー賞(2022年)では2年連続受賞候補に名を連ねている。

「2021 American Music Awards」では大賞にあたる「Artist of the Year」を受賞。「Billboard Music Awards」「American Music Awards」「Grammy Awards」など、アメリカ3大音楽授賞式の舞台に立つ記録を打ち立てた。

【BTS受賞歴の一部】

●2021年
-第64回グラミー賞 'BEST POP DUO/GROUP PERFORMANCE' 部門ノミネート
-2021 American Music Awards 'Artist of the Year'、'Favorite Pop Song/Butter'、'Favorite Pop Duo or Group' 受賞
-アメリカ芸能メディアVariety選定2021 Hitmakers‘Record of the Year’選定 (Butter)
-2021 MTV Video Music Awards Japan 'Best Group Video/International'、'Best Collaboration Video / International' 受賞
-新ツアーシリーズ「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」オンラインコンサート(世界197カ国/地域で視聴)
-コールドプレイとのコラボ曲「My Universe」でアメリカBillboard「デジタルソングセールス」チャートで通算45回目のトップ、チャート史上最多1位
-「未来世代と文化のための大統領特別使節(Special Presidential Envoy for Future Generations and Culture)」に任命およびUN総会演説参加
-2021アメリカMTV Video Music Awards 'BEST GROUP'、'BEST K-POP'、'SONG OF SUMMER' 3冠王
-アメリカBillboard‘Hot100’1位「Butter」、「Permission to Dance」&「Butter」のBillboard「SONG OF THE SUMMER」
-イギリスMTV「HOTTEST SUPERSTAR」1位(3年連続)
-アメリカRolling Stoneカバー装飾(アジアグループ初)
-「Butter」ミュージックビデオ、全世界YouTube24時間最多ヒット数新記録
-「Butter」、世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotify一日最多グローバルストリーミング数新記録
-2021 Billboard Music Awards 'TOP SELLING SONG'、'TOP SONG SALES ARTIST'、'TOP DUO / GROUP'、'TOP SOCIAL ARTIST'4冠王
-「Butter」、日本オリコンデジタルシングル・ストリーミングランキング1位、週間再生数新記録(3113万回)達成
-「Butter」、ギネスワールドレコード5個新記録作成
-アメリカNBC人気シットコム「フレンズ」特別編「フレンズ:ザ・リユニオン」出演
-「Butter」、イギリスオフィシャルシングルチャートトップ100 3位
-ファンミーティング「BTS 2021 MUSTER SOWOOZOO」開催(2日間合計195カ国/地域で合計133万人視聴)
-iHeartRadio Music Award 2021 2冠王
-第63回グラミー賞 韓国大衆音楽史上初'BEST POP DUO/GROUP PERFORMANCE'部門ノミネートおよび単独公演

●2020年
-第62回グラミー賞韓国歌手として初の公演
-アメリカBillboard‘Hot100’1位「Life Goes On」(ビルボードチャート62年史上初の韓国語曲)
-グローバル現代美術展示プロジェクトCONNECT、BTS公開
-2020 Kids’ Choice Awards Favorite Music Group賞 受賞
-YouTube主催‘Dear Class of 2020’参加
-2020アメリカMTV Video Music Awards 'BEST POP','BEST K-POP','BEST CHOREOGRAPHY','BEST GROUP'4冠王
-フィーチャリング参加'Savage Love (Laxed – Siren Beat)' 'HOT100'1位
-アメリカBillboard 'Hot100'韓国歌手初の1位「Dynamite」

●2019年
-2019 Billboard Music Awards Top Duo/Group・Top Social Artist
-Mnet Asian Music Awards 今年の歌手賞(大賞)・今年の歌賞(大賞)・今年のアルバム賞(大賞)・Worldwide Icon of the Year(大賞)
-Melon Music Awards アーティスト賞(大賞)・アルバム賞(大賞)・ベストソング賞(大賞)
-第33回 Golden Disc Awards アルバム賞(大賞)
-第8回 Gaon Chart Music Awards 第2四半期、第3四半期今年の歌手賞 アルバム部門

●2018年
-Mnet Asia Music Awards 今年のアルバム賞・今年の歌手賞
-Melon Music Awards 今年のアルバム賞・今年のアーティスト賞・今年のTOP10・Netizen人気賞・Kakao Hot Star賞・Music Style 賞 RAP/HIPHOP部門・グローバルアーティスト賞
-大衆文化芸術賞 花冠文化勳章
- LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’ 日本レコード協会「ゴールドディスク」認定
-第45回 韓国放送大賞 歌手賞
-LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’ 日本レコード協会「ゴールドディスク」認定
-The 2018 Billboard Music Awards Top Social Artist
-日本レコード協会「プラチナディスク」認定
-第7回 Gaon Chart Music Aw ards 第1四半期、第3四半期アルバム部門今年の歌手賞第15回 韓国大衆文化芸術賞 今年の音 楽人賞(アイドルグループ史上初)
-日本レコード協会(RIAJ)が認定する2018年12月度ゴールドディスク認定作品にて海外アーティスト初となるダブル・プラチナに認定
-第32回 Golden Disc Awards アルバム部門大賞・本賞・デジタル音源部門本賞

●2017年
-第9回 Melon Music Award 今年のベストソング・今年のTOP10・Hot Trend賞・Best Music video賞・グローバルアーティスト賞
-Mnet Asia Music Award 今年の歌手賞・Best Music video賞・Best Asian style in Hongkong
-The 2017 Billboard Music Awards Top Social Artist
-第31回 日本ゴールドディスク大賞 ベスト3アルバム(アジア)
-第6回 Gaon Chart Music Awards 第4四半期アルバム部門今年の歌手賞、Vライブグローバル人気賞
-第31回 Golden Disc Awards 本賞・グロバールK-POPアーティスト賞

●2016年
- Mnet Asian Music Award 今年の歌手賞・ベストダンスパフォーマンス男性グループ賞
-第8回 Melon Music Awards 今年のアルバム賞・TOP 10
-2016 韓国大衆文化芸術賞 文化体育部長官表彰状
-第5回 Gaon Chart K-POP Awards K-POPワールド韓流スター賞
-第30回 Golden Disc Awards 本賞

●2015年
-Mnet Asian Music Awards ワールドパフォーマー賞
-第7回 Melon Music Awards 男性ダンス部門ミュージックスタイル賞
-ケーブルTV 放送大賞 韓流部門人気賞
-第29回 日本ゴールドディスク大賞 ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)・ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)
-第4回 Gaon Chart K-POP Awards 本賞・ワールドルーキー賞
-第29回 Golden Disc Awards 本賞

●2014年
-第3回 Gaon Chart K-POP Awards 新人賞
-第28回 Golden Disc Awards 新人賞


●2013年
-第5回 MelOn Music Awards 新人賞 BTS日本公式サイトより

「BTS」の関連記事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

7
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ