10

音楽×仮想世界プロジェクト「十五少女」 望月拓海による前日譚小説が完結

音楽×仮想世界プロジェクト「十五少女」 望月拓海による前日譚小説が完結

十五少女『猿飼サキの場合(後篇)』

大日本印刷、エイベックス、講談社による音楽×仮想世界プロジェクト「十五少女」に登場するキャラクターの生い立ちを描く前日譚小説の第2弾『猿飼サキの場合』の完結編(後編)が、文芸ニュースサイト・treeで公開され、完結した(外部リンク)。

同作は『毎年、記憶を失う彼女の救いかた』で第54回メフィスト賞を受賞した小説家の望月拓海さんが手がけている。

また、「十五少女」からは6月1日(水)に音楽シングル「春とレム」のリリースが決定している。

メディアを跨いで世界を構築する「十五少女」

音楽×仮想世界プロジェクト「十五少女」

「十五少女」は、上述の3社を中心に編成されたプロジェクトチーム・子供都市構想による取り組み。

2021年4月に15人組のバーチャルアーティストとして、楽曲「逃避行」をエイベックスよりリリースしてメジャーデビューを果たした。キャラクターデザインは、映像イラストレーターのケイゴイノウエさんが担当している。
十 五 少 女(15 Voices)/// 逃 避 行 」新 Music Video
2022年4月には前日譚小説の第1弾として、ゲーム『Fate/Grand Order』のシナリオを手がけた小説家・円居挽さんによる『竹虎レオナの場合』が公開された。

可視化」を大日本印刷が、「可聴化」をエイベックスが、そして「可読化」を講談社が担い、メディアミックスで世界を構築している。

痛みとともに堂々完結

今回公開された前日譚小説『猿飼サキの場合』は、15人の主人公格の1人である猿飼サキ(CV. 城崎琳子さん)の過去を描いた物語。

前篇(外部リンク)では、奇抜な行動を取るが好ましい同級生「(ヒジリ)」により暗い学園生活から抜け出したかに見えたサキだったが、今回、過去が突然牙を抜き、選択を迫られる。

前日譚小説には、それぞれの人物に合わせてテーマソングがつけられており、『猿飼サキの場合』はプロジェクトの最新シングル「アトム」がテーマソングとなっている。
十 五 少 女(15 Voices)/// アトム 」Music Video

「十五少女」を追いかける

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

7
Share
2
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ