24

ガンダム「ククルス・ドアンの島」映画化 アムロとの交流で描く戦争の悲哀

ガンダム「ククルス・ドアンの島」映画化 アムロとの交流で描く戦争の悲哀

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ティザービジュアル

POPなポイントを3行で

  • 初代『ガンダム』の「ククルス・ドアンの島」が映画化
  • アムロと初代ガンダムが再びスクリーンに
  • 総集編で描かれなかったファン人気の高いエピソード
TVアニメ『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」が映画化。劇場版『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』として制作中であることが発表された。

2022年初夏に公開予定、配給は松竹。

初代主人公のアムロ・レイとRX-78-02 ガンダムが、劇場版『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙』より40年ぶりにスクリーンに帰ってくる。

ガンダムファンにお馴染みのホワイトベースの仲間たちやモビルスーツも登場する。

監督はTVシリーズのキャラクターデザイン・アニメーションディレクターであり、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を手がけた安彦良和さん。

戦争の悲哀を描く「ククルス・ドアンの島」

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』超特報映像
「ククルス・ドアンの島」は、ジオン軍から脱走して孤児を育てるククルス・ドアンとアムロが交流、戦争の哀愁が描かれるエピソード。

シリーズの本筋と関わりが薄いためか、総集編としてつくられた劇場版三部作『機動戦士ガンダム』『機動戦士ガンダム II 哀・戦士編』『機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙(そら)編』では残念ながらカットされてしまったが、ファンからの人気は高い。

その人気はゲーム「機動戦士ガンダムEXVS.」シリーズなどで、ドアンのザクⅡが通常の機体とは別に実装されているほどだ。 ©創通・サンライズ

ロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』

こんな記事も読まれています

作品情報

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』

公開
2022年初夏
配給
松竹
企画・製作
サンライズ
原作
矢立 肇 富野 由悠季
監督
安彦 良和
副監督
イム ガヒ
脚本
根元 歳三
キャラクターデザイン
安彦 良和、田村 篤、ことぶきつかさ
メカニカルデザイン
大河原 邦男、カトキハジメ、山根 公利
美術監督
金子 雄司
色彩設計
安部 なぎさ
撮影監督
葛山 剛士、飯島 亮
CGI 演出
森田 修平
CGI 監督
安部 保仁
編集
新居 和弘
音響監督
藤野 貞義
音楽
服部 隆之

関連キーフレーズ

18
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ