15

『VALORANT』APACラスト予選は10月11日から ZETA DIVISIONとREJECTが参戦

『VALORANT』APACラスト予選は10月11日から ZETA DIVISIONとREJECTが参戦

VALORANT公式大会「APAC ラストチャンス予選」

POPなポイントを3行で

  • 『VALORANT』世界大会出場をかけた予選
  • 日本からはZETA DIVISIONとREJECTが出場
  • 20万人以上が観戦する『VALORANT』の人気
タクティカルFPS『VALORANT』の2021年シーズン世界王者を決める戦いが繰り広げられる「VALORANT Champions Tour - Champions」(以下「Champions」)。

そのアジア太平洋地域のラスト1枠をかけた「APAC ラストチャンス予選」が開催される。

全試合オンラインでの開催で、期間は10月11日(月)から10月17日(日)まで。期間中は日本時間15時30分よりYouTubeおよびTwitchで試合の配信が予定されている。

日本からはZETA DIVISIONとREJECTが参戦

参加チームは、東南アジア3チーム、中国2チーム、韓国2チーム、日本2チーム、南アジア1チームの計10チーム。日本からはZETA DIVISIONREJECTの2チームが参加する。

ベルリンにて開催中の「VCT Masters Stage3」での活躍が眼を見張る韓国地域のチームや、先日ついに正式サービスが開始された中国地域のチームなど、アジア太平洋地域の強豪チームが出揃っている。

しかしながら、10チームに与えられた出場枠はわずか1枠。まさにラストチャンス、一筋縄では行かない熱い戦いが期待できる。

なお、サーキットポイント1位のCrazy Raccoonは「Champions」への出場権が確定している。

アジアラスト1枠を競う「APAC ラストチャンス予選」

「VALORANT Champions Tour - Champions」出場権について

2021年の『VALORANT』世界王者を決める大会「Champions」は、12月に開催が予定されている。

サーキットポイント(今までのVCT大会の成績に対するポイント)1位のCrazy Raccoonは出場権を獲得しているが、日本代表に与えられる「Champions」出場権枠は1枠のみ。

そのため他の日本チームが「Champions」への出場を果たすには、アジア太平洋地域のラスト1枠を得る必要がある。

「APAC ラストチャンス予選」トーナメント表

この1枠をかけた大会が、冒頭で紹介した「APAC ラストチャンス予選」となる。

日本から出場する現日本王者でサーキットポイント2位のZETA DIVISION、そして年間を通して好成績を残し続けたサーキットポイント3位のREJECTが、アジアの強豪を相手にどのような戦いぶりを見せるのか期待したい。

注目のタクティカルFPS『VALORANT』

タクティカルFPS「VALORANT」/画像はVALORANT公式HPより

『VALORANT』は、2020年6月にRiot Gamesよりリリースされた基本プレイ無料のタクティカルFPS。

5対5のチームプレイによる戦略性や多彩なスキルを持つ「エージェント」、そして高い精度が求められる銃撃戦が特徴的。

e-Sportsシーンを想定して設計された競技性の高さと、他のFPSには無い独特な緊張感と爽快感から、数多くのインフルエンサーをはじめ幅広い層からの人気を博している。

20万人以上が見守った「VALORANT Champions Tour」

その『VALORANT』の公式大会シリーズが、Riot Gamesが主催する「VALORANT Champions Tour」。略称は「VCT」。

各地域の予選を勝ち抜いた強豪が出揃う世界大会「VALORANT Champions Tour 2021: Stage 3 Masters - Berlin」が、現在開催されている。

日本からはZETA DIVISIONとCrazy Raccoonの2チームが参加。

YouTubeとTwitchにて試合の様子が配信された他、ストリーマーのStylishNoobさんとSHAKAさんが観戦ミラー配信を行い大会を盛り上げている。

9月12日のラテンアメリカ代表チーム・KRÜ Esportsと日本代表・ZETA DIVISIONの試合は、深夜帯にも関わらず、公式配信とミラー配信を合わせて22万人以上が視聴。StylishNoobさんの配信は、一時同時視聴者数が10万人前後を記録するなど、日本勢の世界での活躍に多くの人が注目した。
VCT Stage 3 - MASTERS BERLIN Day 7
また、先日9月17日にはプレーオフ出場がかかったGambit Esports対Crazy Raccoonの試合が行われた。

Gambit Esportsは、EMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ地域)予選を1位で突破した、今大会優勝候補と名高いロシアのチーム。日本のCrazy Raccoonはグループステージ初戦で破れた強豪にリベンジ戦を挑んだ。

その結果Crazy Raccoonの惜敗に終わったが、世界最高クラスのチームを相手に延長戦にもつれ込むなど、日本の『VALORANT』競技シーンのレベルの高さを世界に示した。

単なる遊びじゃない、e-Sportsの世界

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ