4

『Pokémon LEGENDS アルセウス』は新たな可能性を切り拓くアクション×RPG

【公式】Pokémon Presents 2021.8.18/画像はポケモン公式Twitterより

POPなポイントを3行で

  • 『Pokémon LEGENDS アルセウス』最新情報
  • オープンワールド風でアクションとRPGが融合
  • ランクマッチはなし
ポケモンの最新情報を伝える配信番組「Pokemon Presents」(ポケモンプレゼンツ)が、ポケモンの公式YouTubeチャンネルにて配信。

2022年1月28日(金)発売のNintendo Switchソフト『Pokémon LEGENDS アルセウス』の最新情報が公開された。

『Pokémon LEGENDS アルセウス』は、世界を巡り、ポケモンを捕まえ、図鑑をつくり上げていくという『ポケットモンスター』ならではの遊びを大切にしながら、アクションとRPGが融合した新しい体験を味わえるシリーズ完全新作。

8月19日(木)よりゲーム取り扱い店舗、ネットショップで順次が予約開始されている。

冒険の舞台は遠い昔の「シンオウ地方」

冒険の舞台となるのは、遠い昔のシンオウ地方。まだ、人とポケモンが親密に暮らすことが珍しかった時代で、ヒスイ地方と呼ばれている。

ヒスイ地方の中央にはテンガン山がそびえ立ち、それを囲むようにして環境が異なる複数の地域が点在する。

それぞれの地域には特色豊かな自然が広がっており、息づくポケモンの生態系も異なっている。

「ギンガ団」に入団し冒険をスタート

拠点となるのは「コトブキムラ」。ここは「ギンガ団」の拠点地でもあり、主人公は「ギンガ団」に入団し、調査隊の一員として活動することに。

この当時の「ギンガ団」の雰囲気は、『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』の作中で主人公と敵対する「ギンガ団」とは異なるように見受けられる。

主人公の目的は、全てのポケモンと出会うこと。この地で最初のポケモン図鑑の完成を目指し、ヒスイ地方を巡る冒険をスタートする。

村の外にはベースキャンプがあり、道具の購入や新たな道具をつくる「クラフト」ができるほか、手持ちのポケモンを回復することができる。

ポケモンの捕獲には2種類の方法がある

この時代でも、野生のポケモンはモンスターボールで捕まえることができる。

ポケモンの捕獲は近づいてボールを投げるのが基本となるが、すぐ逃げるポケモンには隠れながら近づくなどの工夫が必要。

また、気性の荒いポケモンはバトルで弱らせるのが重要となる。

「力業」「早業」などの新要素も

ポケモンバトルは行動順で進行し、素早さや繰り出す技によっては、ポケモンが連続で行動する場合もある。

また、ポケモンが覚えている技を威力が高まる一方で行動順が遅くなる「力業」、威力が弱まる代わりに行動順が早くなる「早業」として繰り出すことも可能だ。

プレイヤーは野生のポケモンから攻撃を受けることもあり、人気タイトル「モンスターハンター」シリーズを彷彿させるようなアクション要素も採用されている。

倒れてしまわないよう体力管理を慎重にする必要があるが、このアクションとRPGが融合した仕様は、これまでの「ポケットモンスター」シリーズにない表現となる。

1
2

こんな記事も読まれています

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ