21

『Pokémon LEGENDS アルセウス』Webアニメ全3話公開 制作はWIT STUDIO

『Pokémon LEGENDS アルセウス』Webアニメ全3話公開 制作はWIT STUDIO

『雪ほどきし二藍』

Nintendo Switchソフト『Pokémon LEGENDS アルセウス』のオリジナルWebアニメ『雪ほどきし二藍(ゆきほどきしふたあい)』(全3話)が公開される。

『雪ほどきし二藍』はヒスイ地方を舞台としたオリジナルストーリー。アニメーション制作は『進撃の巨人』や『SPY×FAMILY』などで知られるWIT STUDIOが担当する。

第1話は5月18日(水)22時にポケモン公式YouTubeチャンネルにて公開される。

【画像】『雪ほどきし二藍』キャラクター設定画

『雪ほどきし二藍』描かれる1匹のゾロアとの出会い

『雪ほどきし二藍』は、まだ人とポケモンの間に隔たりがあった時代、「人とポケモンは、共には生きられない」と父から教えられたアキオが、1匹のゾロア(ヒスイのすがた)と出会うことではじまる物語。

キャストには、アキオの青年期を内山昂輝さん、幼少期を釘宮理恵さんが担当。アキオの父を小山力也さんが演じる。

『雪ほどきし二藍』ストーリー
まだ人とポケモンの間に隔たりがあった、遠い昔のおはなし。ヒスイ地方に向かう船の中で、アキオが思い浮かべるのは、父に連れられて初めてこの地を訪れた時のこと。「人とポケモンは、共には生きられない」幼いアキオは、父からそう教えられていた。そんなとき、深い雪に覆われた森でアキオが出会ったのは、1匹のヒスイのすがたのゾロアだった――。本当に、人とポケモンは、共に生きられないのだろうか。

アキオ(青年期:CV.内山昂輝、幼少期:CV.釘宮理恵)

ゾロア(ヒスイのすがた)

アキオの父(CV.小山力也)

内山昂輝&釘宮理恵コメント到着

内山昂輝さん

内山昂輝さんコメント
今回の作品では、人間のポケモンに対する考え方とか、ポケモンと人間の関係性が自分がよく知っているものと大きく違っていたので、一体どんな世界観のアニメになるのだろうとワクワクしました。私が演じたアキオというキャラクターは多数派の意見に流されず、過去の経験を活かして、自分が信じるものを貫こうとするキャラクターです。みなさんの心に残る最高の作品になればいいなと思います。ぜひご覧ください。

釘宮理恵さんコメント

釘宮理恵さんコメント
作品へのオファーが来た際には、ポケモンと人間と、どちらを担当する事になるのかな?と、わくわくした気持ちで楽しみにしていました。主人公のアキオは、好奇心旺盛で素直で、まっすぐな心を持っている人だなと感じています。沢山の方に、このアキオとゾロアの出会いの物語を楽しんでいただけたら嬉しいです!!

ヒスイ地方に思いを馳せる

こんな記事も読まれています

作品情報

『雪ほどきし二藍』

監督
山本健
脚本
岸本卓
キャラクターデザイン
KURO
色彩設計
中村絢郁(WIT STUDIO)
美術監督
金子雄司(青写真)
撮影監督
横井武尊(WIT STUDIO)
オフライン編集
齋藤朱里(三嶋編集室)
音響監督
三間雅文
音楽
コーニッシュ
アニメーション制作
WIT STUDIO

関連キーフレーズ

19
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ