59

花譜とカンザキイオリがキミノベル読者と楽曲制作 投稿された物語が歌に

花譜とカンザキイオリがキミノベル読者と楽曲制作 投稿された物語が歌に

「この夏、キミノウタをつくろう!」

POPなポイントを3行で

  • キミノベル読者と音楽を創る「この夏、キミノウタをつくろう!」
  • 募った物語をもとにカンザキイオリが楽曲制作、花譜が歌唱
  • 募集期間は7月12日~8月31日の夏休み期間
3月に創刊されたポプラ社の児童文庫レーベル・キミノベルが、「この夏、キミノウタをつくろう!」キャンペーンを開催する。

企画には創刊時から公式アンバサダーを務めるKAMITSUBAKI STUDIO所属のバーチャルシンガー・花譜さんと、同所属のアーティスト・カンザキイオリさんが参加。両者がキミノベルに投稿された物語をもとに楽曲を制作する。

キャンペーンの募集期間は7月12日(月)から8月31日(火)。楽曲の完成は今秋を予定している。

花譜、カンザキイオリ、ポプラ社、そして読者とつくるプロジェクト

「この夏、キミノウタをつくろう!」キャンペーンは、読者の子どもたちから募集した“物語”や言葉を原案に、カンザキイオリさんが楽曲を制作。それを花譜さんが歌う、“みんなで一緒に歌をつくる”プロジェクトだ。

制作される楽曲タイトルは「それを世界と言うんだね」に決定。

読者から募集する物語のテーマは「もしもキミが物語の主人公だったら?」。

自分自身を主人公に「やってみたい!」「なりたい!」などの夢や想いを自由な発想でWebサイト「キミノマチ」から投稿することで、誰でも参加することができる。

花譜×キミノベルコラボしおりのプレゼントも

Webサイト「キミノマチ」は、書籍の情報や本の感想交換のみならず、イラスト投稿や創作ショートショートなど物語を愛するユーザーが自由に発信・共有できるコミュニティとして幅広く活用されている。

募集期間中は、掲示板「カフェあーだこーだ」上で花譜さんの考えた物語や、読者みんなの考える物語を覗くことも可能。

花譜さんの考える応募例
もしも私が探偵だったら…、依頼に対して可憐な推理を流暢に述べたい!

キミノベル編集部の考える応募例
・宇宙飛行士になって、居住可能な第2の地球を見つけ、優秀な科学者たちと理想の星をつくりあげたい。 ・好きなひとと家がお隣同士になって、向かい合わせになったお互いの部屋の窓から、夜におしゃべりした り、お菓子を食べたり、お部屋を見せ合いっこしたりしたい。
・魔法のパティシエになって、食べれば食べるほどヤセる美味しいケーキを作ってぼろもうけする。

また、6月と7月に刊行されたキミノベルの書籍を購入すると、本プロジェクトに際して花譜さんとキミノベルのコラボしおりが同封されるので、アーティストのファンも要チェックだ。

花譜×キミノベルコラボしおり

次世代アーティスト・花譜が歌い上げる物語

それを世界と言うんだね」の歌唱を担当する花譜さんは、キミノベルの公式アンバサダーであり、次世代アーティストの最先端を走るバーチャルシンガーだ。

キミノベルの創刊プロジェクト第1弾では、レーベルソング「ソレカラ」の歌唱を担当。公開されている同曲のMVでは、キミノベル創刊ラインナップ6作品のあらすじをアニメで知ることができる。

またその深く心に刺さる声で、名作『星の王子さま』などを朗読している。
花譜 #77「ソレカラ」【オリジナルMV】
\花譜さん朗読/『星の王子さま』サン=テグジュペリ

キミノベルアンバサダー・花譜さんのコメント
プロジェクト第1弾では水野あつさんに作っていただいた「ソレカラ」を歌わせていただいたり、6月には「星の王子さま」を朗読させていただいたり、私の声が知らなかった素敵な音や絵と一体になっているのを見て、毎回本当に嬉しく思っています。

今までこのような企画を聞いたことも参加させていただいたこともなかったので、想像がつかないです…!未知すぎて、ワクワクしています。

みなさんの頭の中を少しだけ覗かせてもらえたら良いなと思います!楽しみです!

カンザキイオリと“みんな”の「新しい世界」

楽曲の制作を担当するアーティスト・カンザキイオリさんは作曲家として花譜さんのオリジナル楽曲のほとんどを手がけているほか、小説家、セルフボーカル活動などマルチな分野で活躍。

繊細でありながら感情に刺さる言葉と「小説×音楽」が融合した世界観が幅広い支持を集めている新世代アーティストだ。 そんな花譜さんとカンザキさんが、キミノベルの読者やファンと一緒に楽曲を制作するのは初めての試み。

多くの共感を得てきたアーティスト2人が、物語を愛する読者一人ひとりの想いに寄り添い、一緒に歌という形にする。

楽曲制作・カンザキイオリさんのコメント
皆さんこんにちは!カンザキイオリです。

読者参加で楽曲をつくるとは、何やら面白そうな企画の予感です。

初心に帰って、新鮮な気持ちで作るぞ!って思いました。
自分にはない考え方・言葉に触れるのは、自分の心を成長させる良い機会なので、音楽を作ることもそうだけれど、みんなの言葉に触れることが楽しみです。

「キミ」の世界、そして僕と花譜それぞれの世界が混じり合って、絶対良い曲ができる気がしています。

皆さんの言葉や感覚を受け入れて、自分にとっても新しい世界を感じたいと思い、「それを世界と言うんだね」というタイトルにしました。僕の知らない世界も、みんなの知らない僕の世界も、ごちゃ混ぜにした曲を作りたいです。

花譜ちゃんと精一杯みんなの気持ちを歌に込めてみます。だからみんな沢山言葉を送ってくださいね。僕たちと一緒に、「キミノウタ」を作りましょう!

花譜の「物語」

こんな記事も読まれています

イベント情報

「この夏、キミノウタをつくろう!」キャンペーン

応募期間
2021年7月12日(月)~2021年8月31日(火)
募集内容
カンザキイオリ × 花譜 「それを世界と言うんだね」の制作にあたり テーマに沿った物語を募集 ※楽曲は今秋完成予定
募集テーマ
「もしもキミが物語の主人公だったら?」
応募方法
キミノベル Web サイト「キミノマチ」内、掲示板「カフェあーだこーだ」にて投稿形式で募集

関連キーフレーズ

57
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ