438

花譜×可不、楽曲「朝日」公開 作詞作曲はカンザキイオリ

朝日 / 花譜 feat. 可不(KAFU)

POPなポイントを3行で

  • 花譜の歌声合成ソフト「可不」
  • 発売日に花譜と可不のコラボ曲が公開
  • 作詞・作曲はカンザキイオリ、編曲は大沼パセリ
バーチャルシンガー・花譜さんが、自身の声を元にした歌声合成ソフトウェア「可不」をフィーチャーした楽曲「朝日」をYouTubeで公開した。

作詞・作曲は花譜さんのメインコンポーザーであるカンザキイオリさん、編曲は大沼パセリさん。

2人が産み出した繊細かつ美しいトラックに乗せ、花譜さんと「可不」が掛け合い、そしてハモる。

花譜の歌声から生まれた「可不」(KAFU)

7月7日に発売された歌声合成ソフトウェア「可不」。KAMITSUBAKI STUDIO所属の花譜さんと音声創作ソフトウェア「CeVIO AI」とのコラボにより、音楽的同位体として誕生した。

2020年10月に実施された「可不」の歌声アンケートでは賛否両論を巻き起こし、年内の販売を延期する事態に。

その後、2020年末から数々のクリエイターが「可不」を使用したオリジナル楽曲を発表していた。編曲をつとめた大沼パセリさんもその一環として楽曲「水面下」を公開している。
水面下 / 大沼パセリ feat.KAFU
今回、「可不」の発売とともに公開された「朝日」MVでは、花譜さんの活動初期のオマージュと思われるシーンも見受けられる。
花譜 #01

KAMITSUBAKI STUDIOの深淵を覗く

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

380
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ