1327

花譜「不可解弐Q3」ライブレポ 辿り着いた「たとえ魔法が無くても」の解

花譜「不可解弐Q3」ライブレポ 辿り着いた「たとえ魔法が無くても」の解

POPなポイントを3行で

  • 花譜「不可解弐Q3-魔法の無い世界-」ライブレポ
  • 「魔法の無い世界」で、辿り着いた場所とは
  • 後日有料での再放送も予定
「魔法なんて無い」

そう語り、幕を開けたのが「不可解弐Q3-魔法の無い世界-」の最終公演だった。 バーチャルシンガー・花譜による2ndワンマンライブは「不可解弐 REBUILDING」と題されていた。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて急きょバーチャルライブ形式へと切り替えて行われた「不可解弐Q1」「不可解弐Q2」を再構築し、その完結編となる「不可解弐Q3」までが、この6月11日・12日の2日間にわたって豊洲PITで行われた。

事前に募ったクラウドファンディングの金額は、最終的に、目標3000万円を大きく上回る8260万円を集めるに至った。この公演にどれだけの期待が寄せられていたかを、その数字は端的に示している

豊洲PITに詰めかけた2日間で2000人以上ものファン、そして全編無料配信されたYouTube Liveを通して「不可解弐Q3-魔法の無い世界-」を体験した数万人は、何を目撃したのか。

目次

魔法の無い世界で 花譜「不可解弐Q3」の幕開け

静まり返る東京の街並み、マスクを着ける少女。新型コロナウイルス感染症の拡大により変わってしまった世界を憂うような実写映像と共に流れる花譜の語りから「不可解弐Q3-魔法の無い世界-」が始まる。

魔法の無い世界 夢なんて叶うわけない 魔法なんて無い

淡々とした語り口で誰もが抱える漠然とした不安をあえて明確にし、ライブタイトルにもなぞらえてこの世界の残酷さに相対すると、「わたしはかふ うたをうたう うたがすきだから」そう結んで次のシーンへ。

フードをかぶった花譜が佇んでいたのは、荒涼とした世界。崩れた遺跡、遠くに見える山々が、そこが現実とはかけ離れた場所であることだけを確かにするが、真意をつかもうとする我々の思考を煙に巻くように、少女はゆっくりと歩き出す。

ふと立ち止まり大きく手を広げると、衣装が変化。Q3のための新衣装「青雀黑」だ。戦闘準備はバッチリと言わんばかりに覚悟がにじむ黒の装束に着替えると、荘厳なOPから連なる本編の幕開けを飾ったのは『Re:HEROINES』。

スタートから全開の歌声はあまりにパワフルで、目の前の小さな少女から発せられているとは信じがたいほどの迫力だが、これぞ花譜の真骨頂。2日間に及ぶライブの締めくくりを最高のものにするべく、一気にボルテージを上げていく。

「ラスト公演、盛り上がっていきましょう!」と煽って『魔女』へ突入。早くも最強アンセムのドロップにもう反応が追い付かないオーディエンスだが、さらに荒々しく振り回すかのように感情の奔流を歌に乗せる。

花譜「魔女」

かぶっていたフードを取り払いすでにクライマックスの様相だが、息つく間もなく『戸惑いテレパシー』へ。

眩暈がするほどにカラフルだった先ほどとうって変わって、最小限の照明の中にリアルタイムでタイピングされているかのように歌詞が浮き上がり、千変万化の演出に彩られながら伸びやかに歌声を響かせていく。

花譜「戸惑いテレパシー」

もはやおなじみのたどたどしくも愛おしいMCでは「改めまして、花譜です。」と簡単に挨拶を済ませると、「燃え尽きるつもり」と宣誓して彼女なりのやり方でオーディエンスを煽る。そう告げられては、こちらとしてももちろん灰すら残す気はない。その意志の共鳴がフロアを突き破りかねない大きな拍手となって響く。

最初のオリジナル曲として発表され、ライブの定番としても成長した『』では、ライブのたびに更新されてきた最高のパフォーマンスをさらに上書きしてみせるような熱唱を繰り広げる。

「解いて」の歌詞と共に絡まった言葉たちが解けていく演出が、楽曲の世界観をより強固にすると、間髪入れずに『メルの黄昏』から『痛みを』と繋げ、180度雰囲気の違う楽曲たちを抜群の表現力で描いてみせる。

特に『糸』については思い出も多いようで、当時から考えるとこうしてリアルライブが開催できるようにまでなった全てのことが「奇跡だと思う」と感慨深そうにMCで語った。

花譜「アンサー」

そんな奇跡の旅路を確かめるように、つづく『アンサー』では一つ一つの音を噛みしめるように歌う花譜と情感たっぷりのギターソロのハーモニーが美しく響く。

誰かにとっての居場所に

戸惑いや痛み、そして許しを奏でる『心臓と絡繰』、音の重なりが美しい『quiz』と次々に表情を変える難度の高い楽曲たちもなんのそのと楽しそうに歌い上げる。

花譜「心臓と絡繰」

さらに『夜が降り止む前に』へと繋ぎ、ファーストワンマンを再現するような流れでオーディエンスを沸かせた。

私の歌も、誰かにとって居場所のようなものになってたら、すごく嬉しい

彼女がステージ上から目にしているであろう光景が、すでにその思いが成就していることの証明になっていることはもはや言うまでもないが、そう伝えたくても言葉を発せない現地の観測者(花譜ファンの総称)たちの代わりに、配信のコメント欄には思い思いの言葉で感謝を伝える様子が見られた。

続く『忘れてしまえ』は活動休止直前にリリースされた楽曲。少しばかりの寂しさも滲むが、そこからの活動再開、その後の大躍進を振り返って思い浮かぶ様々な感情が、バックに映るMVで描かれる夕暮れの街の景色に溶けていく。

ガラッと雰囲気を変えて披露されたのは『花女』。手紙を読むような淡々とした語りに段々感情が乗っていくグラデーションを見事に表現してみせる姿に、アーティストとして歩んできた確かな道のりを感じさせる。

そして、事前に披露することが発表されていた新曲『例えば』。
劇場アニメ『映画大好きポンポさん』公開直前PV
挿入歌となった映画『映画大好きポンポさん』の本編映像も交えたMVがバックに映し出され、作品ともリンクした創作にかける危ういまでの情熱を描いた疾走感のあるロックナンバーを歌い上げる姿はまさに絶唱。

儚くも美しく、荒々しいからこそ気高い歌姫の姿にもう一瞬たりとも目が離せなくなっていく。

『映画大好きポンポさん』を観に行くようしっかり宣伝も交えてMCを終えると、ここからはダンサーを呼び込んでのダンスナンバーの連打へ。

花譜「私論理」ダンスはelevenplay

私論理』は重低音が印象的かつダンサブルなリミックスになっており、ファンキーなビートがフロアの景色を一気に変えていく。軽快に踊るダンサーに囲まれて、「HEY!」と声を張り上げるのに明らかに慣れていない彼女の様子がなんとも可愛らしい。

花譜「未確認少女進行形」

つづく『未確認少女進行形』では、歌詞がネオンのように描き出されダンスと見事に調和する。つかみどころのない不思議な少女との物語を軽やかに歌い上げ、サビでは手を振って会場と心を一つにした。

早々と駆け抜けたダンスタイムのフィナーレは『モンタージュ』。抑えきれない激情を高らかに歌う様子に合わせて、ダンサーたちも熱量を上げていく。歌とダンスの表現の壁を越えた熱きユニゾンに煽られてフロアのテンションもマックスまで導かれる。

花譜「モンタージュ」

そして「最後じゃないけど最後の曲!」というあまり耳にしないタイプの珍しいコールから披露されたのは『危ノーマル』。ダンスタイムを過去にするように速度とキレを増すダンサーに負けじと、まるで今始まったかのようにエネルギッシュな歌声をぶつける花譜。

拳を振り上げあふれる感情を体いっぱいで表現し、観測者たちの心臓を一つ残らずわしづかむと、「みんなありがとう」と穏やかに告げ、ちいさく手を振ってステージの奥へ消えていった。

花譜「危ノーマル」

1
2
3

こんな記事も読まれています

1207
116
4
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ