56

カンザキイオリ、セルフボーカルでの活動開始 初ワンマンも開催

カンザキイオリ、セルフボーカルでの活動開始 初ワンマンも開催

カンザキイオリ

POPなポイントを3行で

  • カンザキイオリ、セルフボーカルに
  • ボカロPの枠にとどまらない才能
  • 初ワンマンは全編無料配信
ボカロP/音楽家のカンザキイオリさんが、セルフボーカルでの音楽活動を開始する。

第1弾として、6月21日(月)に配信シングル「不器用な男」のリリースが決定。同日20時にはMVも公開予定。

「不器用な男」は、何かをつくり続けないと生きていけない、死にたくない、まるで遺書のような痛烈な感情が込められた1曲となっている。

新世代アーティスト・カンザキイオリ

楽曲「命に嫌われている。」(オリジナル1,400万再生、 同曲の“歌ってみた”も合わせると推定1億再生超え)を筆頭に、数々の人気ボカロ曲を発表しシーンでも無二の存在となったカンザキイオリさん。
命に嫌われている。/初音ミク
自身の活動と並行して、レーベルメイトのバーチャルシンガー・花譜さんのメインコンポーザーもつとめており、ボカロシーンにとどまらない活動を続ける。

2020年10月には自身の代表曲「あの夏が飽和する。」をベースにした長編小説『あの夏が飽和する。』執筆・刊行し、小説家デビュー。書籍は10万部越えのスマッシュヒットを記録している。

初のワンマンライブ、全編無料配信

このリリース発表と同時に、カンザキイオリさん初のワンマンライブとなる「カンザキイオリ第一回公演『不器用な男』」の開催も決定。

記念すべきファーストライブは、YouTube Liveにて全編無料配信される。

ああ、自分は何かを作り続けないと生きていけないんだな。と思った時、出来た曲です。
それは、飯を食べるため、生活を確保するため、とは違います。ただただ、なんの報酬も入らなくてもい
いから、何かを作りたい。それは音楽じゃなくても、小説じゃなくても。
まるで遺書のような曲だけれど、僕は死にたくない。同じように、何かを作り続ける全ての人にこの気持ちが届けばいいと願います。カンザキイオリ「不器用な男」コメント

唯一無二の才能・カンザキイオリ

こんな記事も読まれています

イベント情報

カンザキイオリ第一回公演「不器用な男」

開催日
2021 年7月23日(金)
時間
20:00 開演(予定)

※YouTube Live にて全編無料放送

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

7
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ