53

連載 | #309 ポップな画像を紹介してみた

儚い桜をいつまでも 本物のソメイヨシノとこだわり込もる桜のUSBメモリ

儚い桜をいつまでも 本物のソメイヨシノとこだわり込もる桜のUSBメモリ

「桜色メモリーズMk.Ⅱ」/画像はすべてニケルxpさんの提供

  • 10 images

POPなポイントを3行で

  • 本物の桜の花びらが封じ込められたUSB
  • 制作したのは透明樹脂作家・ニケルxp
  • 素材集めから制作までハンドメイド
出会いと別れの季節を象徴する桜、淡い薄ピンクの花びらが舞い散る姿はなんとも形容しがたいものです。

桜は散るからこそ儚くて美しいと、古くから表現されてきました。そんな桜の美しい姿を、封じ込めずっと堪能できる透明USBメモリ「桜色メモリーズMk.Ⅱ」の紹介です。

桜色メモリーズMk.Ⅱ

こちらを制作したのは、透明樹脂作家・ニケルxpさん。化学科出身のスキルを活かし、透明感のあるレジンという樹脂で、人々の心を掴んで離さない作品を世に放っています。

【画像】春を感じる桜のUSBメモリ

桜がとにかくかわいい「桜色メモリーズMk.Ⅱ」

作者のニケルxpさんは、「かわいさに全振りした透明USBメモリ」をつくろうと「桜色メモリーズMk.Ⅱ」の制作を開始。

2019年春に数量限定で販売したUSBメモリ「桜色メモリーズ」に、自然の桜を封じ込めるという新たな着想から本物のソメイヨシノの花びらを封入。レジンの特性である透明感を活かし全体を淡いピンク色に仕上げた作品です。

また「桜色メモリーズMk.Ⅱ」内に封じ込められた桜の花びらは、作者のニケルxpさんが近所の公園で花びらを拾い集めたもの。素材集めから、制作までニケルxpさんと工房のアルバイトの方によるハンドメイドです。 花びらは淡いピンク色を保ったままの乾燥が難しく、一般的な押し花の工程だと花びらが茶色に変色してしまうため試行錯誤を重ねたそう。

結果、電子レンジやシリカゲルなどのを用いた工程で桜の花びらが淡いピンク色を保ったまま乾燥させる方法を見つけ、現在のかわいいと美しいが両立した素敵なUSBに仕上がりました。

あっと驚かせるレジンの使い手・ニケルxp

主に混合レジン(エポキシ樹脂)が持つ透明性を巧みに使い、「透明USBメモリ」シリーズなどレジンならではの作品づくりをしているニケルxpさん。

過去には、紅葉の透明テーブル「椛~MOMIJI~」や死んだ生物の脳に情報を記録する(ように見える)USB「生体メモリ」で話題を呼びました。 今回の「桜色メモリーズMk.Ⅱ」でも、レジンの着色に相当なこだわりが込められています。

透明で無職なレジンを、桜らしさを損なわない淡いピンク色に着色するために、マイクロピペットを用いて顔料の濃度をppm単位で細かく調節。 ニケルxpさんは「乳白色のピンク色はいちごミルクを、クリア部分はピンクダイヤモンドを調色の参考に用いて、アクセサリーのような大人なピンク色になるようにこだわりました。」とコメント。化学科出身とレジン制作経験の賜物で完成した作品になっています。

本来は散る儚い桜を、いつまでも手元で愛でることが可能な「桜色メモリーズMk.Ⅱ」。新生活、このUSBメモリで学校や職場に一花咲かせてはいかがでしょうか?

三度見間違いなしの桜色メモリーズMk.Ⅱ

かわいいは正義

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

48
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ