海洋堂『映像研』ガレキ遂に完成 世界で人気になった”あの”ポーズが立体化

海洋堂『映像研』ガレキ遂に完成 世界で人気になった”あの”ポーズが立体化
海洋堂『映像研』ガレキ遂に完成 世界で人気になった”あの”ポーズが立体化

デジタルガレージキット『 映像研には手を出すな!』1/35キャラクターセット/画像は海洋堂HPより

  • 19 images

POPなポイントを3行で

  • 海洋堂『映像研』フィギュア完成 受注予約開始
  • フィギュア化はメインキャラクターからメカまで
  • 1/35スケールのキャラクターたちのフィギュアを楽しむ
世界最大のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル」を主催する造形メーカー・海洋堂にて制作されていた『映像研には手を出すな!』フィギュアが完成。4月2日(金)より受注が開始される。

発売されるフィギュアは4種類。1/35スケールになった浅草みどり金森さやか水崎ツバメたち主人公3人組の立ち姿やオープニング映像のポーズ、バストアップ、そして作品に登場するメカがラインナップしている。

デジタルガレージキット『 映像研には手を出すな!』1/35キャラクターセット/画像は海洋堂HPより

【画像】映像研の3人娘が立体化! 公式の塗装例

世界でも人気を博したOPのポーズが立体化

今年1月に、海洋堂センムこと、海洋堂の取締役専務・宮脇修一さんのTwitterにて、「ガレージキット」と呼ばれる自分でパーツを切り離したり彩色をしたりするフィギュアの試作が公開されていた。 その後、版権元の正式な確認などを経て、今回ついに受注が開始される。 今回のラインナップの中でも目を引くのが、OP映像で登場した、3人の特徴的なポーズを再現したもの。

デジタルガレージキット 『映像研には手を出すな!』 浅草みどり 水崎ツバメ 金森さやか 3人セットOP版/画像は海洋堂HPより

世界中で高い評価を獲得した『映像研』だが、中でもこの3人のポーズのシーンは人気が高く、ミーム化しファンアートなどが多数制作された。

様々な賞を受賞した『映像研には手を出すな!』

『映像研には手を出すな!』は、2016年に「月刊!スピリッツ」にて連載が開始された、大童澄瞳さんの作品。学校でアニメの制作に勤しむ少女たちの姿を描いた漫画である。
TVアニメ『映像研には手を出すな!』OP動画
2020年には『ピンポン』や『四畳半神話大系』で知られる湯浅政明さんが監督をつとめたTVアニメ版が放送。原作の良さを活かしつつ映像ならではの表現が評価され「第24回文化庁メディア芸術祭」アニメ部門の大賞を受賞。

東京アニメアワードフェスティバル2021」の「みんなが選ぶベスト100」1位やTV部門の「作品賞」も獲得している。

また、乃木坂46齋藤飛鳥さん、山下美月さん、梅澤美波さんが出演した実写映画版は、「VFX-JAPANアワード2021」劇場公開実写映画部門の最優秀賞を受賞した。
映画『映像研には手を出すな!』本予告第二弾【公式】
【画像】映像研の3人娘が立体化! 公式の塗装例 (C)2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会(C)2015 KAIYODO Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のアニメもう見た?

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

アニメ・漫画の週間ランキング

アニメ・漫画の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ