「ワンフェス2023[冬]」キービジュアル 海洋堂 宮脇センム「なんとか続けたい」

「ワンフェス2023[冬]」キービジュアル 海洋堂 宮脇センム「なんとか続けたい」
「ワンフェス2023[冬]」キービジュアル 海洋堂 宮脇センム「なんとか続けたい」

イラストレーター・青木俊直さんによる「ワンダーフェスティバル 2023[冬]」キービジュアル

造形メーカー・海洋堂が主催する世界最大級の造形・フィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル2023[冬]」が、2023年2月12日(日)に幕張メッセで開催される。

開催に向けてイラストレーター・青木俊直さんが手がけたキービジュアルが公開され、新しい特設サイトがオープン。ローソンチケット、イープラスで早割チケット、U22割チケットの発売もスタートした。

見どころ満載のステージ情報や出展者情報などの詳細は、12月中旬に公開される(今回ガイドブックは販売されない)。

実行委員長の宮脇センム(海洋堂の取締役専務・宮脇修一さん)は開催にあたって、コロナ禍の影響もありかつてと比べて参加者が戻り切っておらず「まだまだ厳しい状況であることには間違いありません」とコメント。

一方で、ワンフェスのリアルイベントとしての魅力を再認識しており、「この他に代わるもののないイベントをなんとか続けていきたい、続けなければならない」と決意を誓った。

造形・フィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル」

ワンフェスこと「ワンダーフェスティバル」は、2022年で38年目を迎えた世界最大級の造形・フィギュアの祭典。

2009年の夏開催から会場を幕張メッセに移し、例年約2000組のディーラー(出展者、うち企業100、一般1900)と、5万人を超える参加者が集まる大規模なイベントになった。

国内のみならず海外のファンからも大きな関心を集めており、プロ・アマチュアを問わず、自慢のガレージキット、一品限りの造形物、新製品・限定品などを持ち寄って展示・販売が行われている。

また、コスプレイヤーによるコスプレも大きな魅力の一つ。2月に約2年ぶりにリアルで開催された「ワンダーフェスティバル2022[冬]」でも多くのコスプレイヤーが参加していた。

コロナ禍ではオンライン開催も実施

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、2021年の秋にはオンラインで開催され約330ブースが出展。

吉本プラモデル部と実行委員長・宮脇センムによる対談動画のオンライン配信や、エアコス企画などオンラインならではのコンテンツも実施された。

なお、KAI-YOU.netではコロナ禍の影響や変化を迫られたイベント運営について、宮脇センムにインタビューした記事を公開している。

1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

エンタメの週間ランキング

エンタメの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ