10

ジブリ『アーヤと魔女』劇場公開 宮崎駿「本当に手放しで褒めたい」

ジブリ『アーヤと魔女』劇場公開 宮崎駿「本当に手放しで褒めたい」

『アーヤと魔女』/画像はオフィシャルサイトより

POPなポイントを3行で

  • 『アーヤと魔女』劇場公開決定
  • スタジオジブリ初のフル3DCG長編作品
  • 宮崎駿が企画、宮崎吾朗が監督を務める
スタジオジブリ初の3DCG長編アニメ作品『アーヤと魔女』が、4月29日(木・祝)より劇場公開される。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの原作を元に宮﨑駿さんが企画、宮崎吾朗さんが監督、プロデューサーを鈴木敏夫さんが務めた本作。

2020年のカンヌ国際映画祭の公式セレクションでは、精鋭アニメ映画4作品のうちの1つに選出され世界からも注目が集まっていた。

初のフル3DCG長編アニメ作品『アーヤと魔女』

映画『アーヤと魔女』予告【4月29日公開】
『アーヤと魔女』は、『ハウルの動く城』のダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの絵本を原作としたジブリ作品。

作品の舞台は1990年代のイギリス。孤児院から引き取られた10歳の少女・アーヤと、彼女を引き取った「魔女」たちの共同生活を描く物語だ。

宮﨑駿さんが原作絵本を読み、企画。息子であり『ゲド戦記』『コクリコ坂から』で監督を務めた宮崎吾朗さんが映画制作の指揮を執った。

主人公・アーヤの声を務めるのは、平澤宏々路(こころ)さん。相棒的存在として登場する黒猫のトーマスは、濱田岳さんが演じた。

また予告動画でもインパクトの強い女性、ベラ・ヤーガの声を、女優の寺島しのぶさんが担当。俳優の豊川悦司さんが同居人・マンドレークを演じた。

なお寺島さん、豊川さんはベテランながら声優へは初挑戦。しかしそれを全く感じさせず、アニメの世界に生きるキャラクター達を巧みに演じきった。

「アーヤ」を通して伝えたい思い

企画・宮﨑駿さんコメント
「アーヤと魔女」の児童書に出会ったとき、こんないい企画はないと思いました。
アーヤのしたたかさというのは、ずるいということじゃない。
昔はみんな持っていて、なぜか無くしてしまったもの。
こんな時代を生きるために、必要なことなのです。
今回CGを使うということで、どういう風にやるんだろうと思っていたけど、
出来上がったものを見て、不満がなかったです。
鉛筆で描かなくて、CGであることによって、解放されています。
映画は面白かった。
とても良いスタッフがそろって、作品が持っているエネルギーをちゃんと伝えていて、面白いんです。
本当に手放しで褒めたい。単純に面白いと言えるのは、良いことなんです。

監督・宮崎吾朗さんコメント
アーヤを劇場で上映していただけるなんて、本当に幸せです。
大きなスクリーンで観るアーヤは音も格別です。
沢山の方に観ていただけることを心から願っています。

プロデューサー・鈴木敏夫さんコメント
昨年末、沢山の人に観てもらった、アーヤ。
コロナの空気を吹き飛ばすアーヤの元気な姿を、ぜひ映画館で観てください。

スタジオジブリの作品の魅力

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

4
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ