28

素敵すぎる『十二国記』山田章博のイラストが職人の手でブローチに

素敵すぎる『十二国記』山田章博のイラストが職人の手でブローチに

『十二国記』のブローチ/画像は新潮社公式オンラインショップより

  • 9 images

POPなポイントを3行で

  • 小野不由美『十二国記』のブローチが登場
  • 「麒麟」「楽俊」「蠱雕」の3種類
  • 山田章博のイラストを職人がハンドメイドで再現
小野不由美さんによる大作ファンタジー小説『十二国記』から、作中で山田章博さんが描いた印象的な意匠をかたどったブローチが発売された。

種類は舞台となる12国の王を選ぶ存在である「麒麟」(きりん)、主要キャラクターの1人である「楽俊」(らくしゅん)、妖魔の「蠱雕」(こちょう)の3種類。

アクセサリーブランド「Palnart Poc」の職人によって1つひとつハンドメイドで制作。価格は5500円(税込)、発送は10月上旬以降を予定している。

【画像】ハンドメイドでつくられた3種類のブローチの細部

累計1000万部超の人気シリーズ『十二国記』

『十二国記』は、1991年から刊行され、累計1000万部を誇る大人気シリーズ。

12の国がそれぞれの王によって統治されている古代中国風の異世界が主な舞台として描かれる。

王と、王を選ぶ麒麟、十二国に流れ着いた主人公・陽子を含む地球人などそれぞれ魅力的な登場人物たちが、各国の情勢を背景に壮大な物語を編んでいく。

読み応えのある重厚なファンタジーであり、若年層の人気も高く、2002年にはNHKでテレビアニメ化も果たしている。

完結か未完か、両方の説が存在する『十二国記』

小野不由美『白銀の墟 玄の月』プロモーションビデオ第2弾
2019年にはファン待望の18年ぶりの新作『白銀の墟 玄の月』が発売され、大きな話題に。

2012年の雑誌『ダ・ヴィンチ』の小野不由美特集号で、次の新作で長編としては最後となると語られていたものの、現在完結説と未完説が両方存在していて、正確なところは明らかではない。

そのため、2020年に発売を予定していた短編が待ち望まれていたが、作者の小野不由美さんの体調不良により発売スケジュールは未定となっている。 【画像】ハンドメイドでつくられた3種類のブローチの細部

カルチャーを身に着ける

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

18
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ