79

ハヤカワ文庫の“百合SFフェア“再び キャッチコピーは「心の距離の物語。」

ハヤカワ文庫の“百合SFフェア“再び キャッチコピーは「心の距離の物語。」

ハヤカワ文庫の百合SFフェア開催 / 画像は早川書房のnoteより

POPなポイントを3行で

  • 昨年に続き第2回となるハヤカワ文庫の百合SFフェア開催
  • 形式問わず様々なジャンルで広がるキーワードとしての百合
  • キャッチコピーは「心の距離の物語。」
早川書房は2回目となるハヤカワ文庫の百合SFフェア開催を発表した。キャッチコピーは「心の距離の物語。」。抽選でオリジナルデザインの図書カードがプレゼントされる。

このフェアは昨年にもシライシユウコさんによる『ハーモニー』のイラスト使用(両面)クリアファイルのプレゼント企画で好評を博したもの。開催期間は6月下旬からのスタートとなる。

フェア対象作品としては小川一水さんによる『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』、宮澤伊織さんの『裏世界ピクニック』、草野原々さんの『最後にして最初のアイドル』、矢部嵩さんの『〔少女庭国〕』など全6点が発表されている。

此方と彼方、心の距離を描く物語

2018年に同社の『SFマガジン』百合特集号が創刊以来初となる3刷の快挙を達成するなど、女性同士の感情と関係性を通して描かれる、人と人との、心の距離の物語への関心は年々高まりを見せている。

ヴィレッジヴァンガードでは全国を巡回する「百合展」(同展2020年版は現在延期中)を2016年から毎年主催。星海社からは古今東西の百合映画300本以上を掲載した『「百合映画」完全ガイド』がこの6月27日(土)に発売されるなど、漫画やイラスト、映画などジャンル問わずポップカルチャーにおけるキーワードになりつつある。

早川書房でも、2019年には世界初の百合SFアンソロジー『アステリズムに花束を』を刊行。それに合わせて開催された昨年の百合SFフェアも好評を博した。

2020年に入ってからもその勢いは衰えず、宮澤伊織さんの『裏世界ピクニック』シリーズがTVアニメ化されることも発表されている。

また、今年のフェアでは『天冥の標』で日本SF大賞受賞した小川一水さんによる『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』がフェア開催に合わせて重版出来となる。

なお、『SFマガジン』百合特集の第2弾も構想中とのこと。こちらにはイラストSNS「pixiv」上で開催された「第2回百合文芸小説コンテスト」にてSFマガジン賞を受賞した2作品などが掲載される予定。

"ヤバい"心の距離の物語

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

69
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ