23

金ロー『レディ・プレイヤー1』初放送 VR隆盛の中で生まれたSFアドベンチャー

金ロー『レディ・プレイヤー1』初放送 VR隆盛の中で生まれたSFアドベンチャー

『レディ・プレイヤー1』

POPなポイントを3行で

  • 金ローで『レディ・プレイヤー1』地上波発放送
  • VR空間で繰り広げられるSFアドベンチャー
  • 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3作と一緒にデロリアンを愛でる
スティーヴン・スピルバーグ監督による映画『レディ・プレイヤー1』が7月3日(金)に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送される。

金ローでは6月12日(金)から3週連続で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ全3作を放送するため、4週にわたりデロリアンこと「DMC-12」が登場することになる。

VRへの注目高まる年に公開『レディ・プレイヤー1』

1980年代を中心としたゲームやアニメ、映画、音楽といったポップカルチャーをふんだんに盛り込み、VRワールド「オアシス」で生きる人々を描いた『レディ・プレイヤー1』。
映画『レディ・プレイヤー1』
映画の公開された2018年は、2017年末から急速に数を増やしたバーチャルYouTuberの存在もあいまって、現実でもバーチャルリアリティや仮想空間が注目されつつあった年だった。

物語は2045年の近未来が舞台。バーチャル空間での企業や個人も巻き込んだ56兆円を巡る争奪戦に主人公らは身を投じていく。

最先端のテクノロジーがつくり出した仮想世界には、スピルバーグ監督の過去作や『AKIRA』『オーバーウォッチ』、ハローキティなど、古今東西のキャラクターが登場した。

オタクの夢が詰まってる「メカゴジラ VS ガンダム」

クライマックスでは「メカゴジラ VS ガンダム」という、ファン同士で話題になりがちな“あのヒーローとこのヒーロー、どっちが強い議論”を再現したかのようなシーンも。

ちなみにスピルバーグ監督が初めて観た日本映画は『ゴジラ』であり、『ジュラシック・パーク』のベースになっていると当時コメントしている(関連記事)。

私が初めて見た日本映画は『ゴジラ』で、実は『ジュラシック・パーク』のベースになりました。そして今回、最凶のボスキャラとしてメカゴジラを登場させ、オアシスを守るガンダムとバトルを繰り広げます。日本のファンの皆様に是非劇場でご覧いただき、心躍らせてほしいです

公開からまだ2年足らずではあるものの、バーチャルワールドの楽しみ方は当時からさらに広がった。『レディ・プレイヤー1』の世界により近づいた──のかどうか、実際に映画で確認してみよう。

もちろん、同作でのデロリアンの活躍を確認する前に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観るのも忘れずに。

(c)2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

KAI-YOUでもめちゃレビューしたけどチェックした?

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

16
6
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ