16

『攻殻機動隊 SAC_2045』一回りコンパクトなタチコマ Twitterで絵文字に

『攻殻機動隊 SAC_2045』一回りコンパクトなタチコマ Twitterで絵文字に

多脚思考戦車「タチコマ」(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

POPなポイントを3行で

  • 『攻殻機動隊』最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』
  • おなじみタチコマが登場、ひとまわりコンパクト
  • Twitterではタチコマが絵文字化
Netflixオリジナルアニメシリーズ「攻殻機動隊」シリーズの最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』が、4月23日(木)から全世界独占配信スタートする。

シリーズ初となるフル3DCGアニメーションによって、迫力のサイバーパンクアクションと、全身義体の草薙素子少佐率いる公安9課の全く新しい物語が描かれる。

大人気の攻殻機動隊シリーズ

シーズン2の制作も決定したNetflixオリジナルシリーズ『ULTRAMAN』に続き、神山健治さん(Production I.G)と荒牧伸志さん(SOLA DIGITAL ARTS)がタッグを組んだダブル監督による、2045年の未来像を描く近未来SFの金字塔のシリーズ最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』。

情報ネットワークとサイボーグ(義体)技術の発達により人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来を舞台に、電脳犯罪に立ち向かう草薙素子率いる攻殻機動隊こと公安9課の活躍を描いている。

1989年に士郎正宗さんが発表した原作漫画『攻殻機動隊』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開されてきた。

多脚思考戦車「タチコマ」がTwitter絵文字に

公安9課が保有する、多脚思考戦車「タチコマ」。形状や名称をかえつつも、シリーズの中ではおなじみのマスコット的存在で、これまで数々のグッズやフィギュア化が展開されてきた。 今作では、高さ1.3m、幅2.0m、奥行2.2mという、(多くの人はそこまでピンと来ないだろうが)従来のサイズよりもひとまわりコンパクトになったタチコマの姿が。

これは、とりわけタチコマを可愛がる傾向にある公安9課の大男・バトーがギリギリ乗れるサイズだ。 バトーとの息の合ったかけあいはもちろん、激しい銃撃戦を含むアクションシーンが展開される。

生配信番組でお披露目された、配信を記念して制作された実物大タチコマ

さらに、4月9日(木)より、3カ月間の期間限定でTwitter絵文字となって登場する。

「#攻殻機動隊SAC_2045」「#GhostInTheShellSAC_2045」「#渋谷攻殻」「#タチコマ」「#tachikoma」の、いずれかのハッシュタグで登場する。

これまでの『攻殻機動隊』シリーズをおさらい!

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

11
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ