13

kZmがシングル2作を同時リリース ジャケットはVERDYが担当

kZmがシングル2作を同時リリース ジャケットはVERDYが担当

「But She Cries」

POPなポイントを3行で

  • kZmが1年半ぶりの新曲
  • 気鋭デザイナーVERDYが手がける
  • 12月にはkZmとVERDYのPOP-UPも開催
YENTOWN所属のラッパー・kZm(ケーズィーエム)さんが楽曲「But She Cries」「GYAKUSOU」の2作品を11月22日に同時リリースした。

楽曲は、グラフィックデザイナー・VERDYさんによるプロジェクト「Wasted Youth」の映像でも使用されており、リリースを待ち望む声も多かった。
WASTED YOUTH 2019
ジャケットのグラフィックデザインは、いずれもVERDYさんが手がけている。

kZmが異なる2つの世界観を表現

「GYAKUSOU」

楽曲の発表にあわせ、CreativeDrugStoreHeiyuuさんが手がけた「But She Cries」のMVも公開となった。
kZm - But She Cries (Prod. Chaki Zulu)
「But She Cries」は、YENTOWNを率いるChaki Zuluさんによるアコースティックギターの美しいサウンドのオーガニックがサウンドが重なる、kZmさんの新境地。

対照的に攻撃的な「GYAKUSOU」は、FKA twigsやDaBaby、Vince Staples、Dominic Fikeなど数多くのアーティストの楽曲を手がけるUSのトッププロデューサー・Kenny Beatsさんを迎えた。本場LAで収録された本楽曲。バウンシーなトラップサウンドが高い中毒性を生んでいる。

また、12月24日(火)に東京、12月26日(木)には大阪にてkZmさんを擁する謎のレーベル “De-void*”とVERDYさんとのコラボPOP-UPも開催。詳細は後日発表予定だ。

ユースから絶大な支持を受けるラップアーティストたち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

6
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ