BAD HOP新作EP『Lift Off』配信 同時にYouTubeの過去MVを削除

BAD HOP

POPなポイントを3行で

  • BAD HOPの新EP『Lift Off』配信開始
  • 新進気鋭のプロデューサー・Murda Beatzも参加
  • YouTubeではMVを削除/非公開で謎の動画をアップ
ヒップホップクルー・BAD HOPの新EP『Lift Off』のが11月15日にApple MusicとiTunes Store限定で配信された。

本作には世界的なラッパー・Drakeさん(ドレイク)のヒット曲などを手がけるMurda Beatzさんをはじめ、海外から多数のプロデューサーが参加したことでも話題になっている。

あわせてApple Musicでは、EP制作を追った11分のドキュメンタリー「BAD HOP:Lift Off」も公開されている。

Murda Beatzなど著名プロデューサーが参加

日本武道館公演の成功、TBS「クレイジージャーニー」への出演と、いま最もホットなヒップホップクルー・BAD HOPが、ホーム・川崎を飛び出し、ロサンゼルスでレコーディングを敢行した『Lift Off』。EPに収録されたのは全6曲となっている。

迎えたプロデューサーはMurda Beatzさん、Mike WiLLさん、Metro Boominさんなど海外で名を馳せる著名なプロデューサーたちだ。 Apple Musicのオリジナルコンテンツとして公開されているドキュメンタリー「BAD HOP:Lift Off」でもプロデューサー陣の姿を確認できる。

情報が公開されたBAD HOPの公式Twitterにも驚きの声が相次いだ。

世界展開に向けた何かが進行中?

BAD HOP WORLD
BAD HOPは『Lift Off』のリリースとともに、これまでYouTubeチャンネルで公開していたMVをすべて非公開また削除。代わりに「BAD HOP WORLD」というタイトルの動画がアップされている。

今後、世界展開を視野に入れた何らかの発表があるかもしれない。

注目を集める彼らの原点

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

音源情報

Lift Off

発売日
2019年11月15日(金)
※Apple Music, iTunes Store限定配信

【トラックリスト】
1. JET (feat. G-k.i.d, Yellow Pato & Tiji Jojo) prod. by Murda Beatz
2. Double Up (feat. Tiji Jojo, Benjazzy, Vingo & T-Pablow) prod.by Metro Boomin
3.ICHIMANYEN (feat. YZERR, Vingo & Benjazzy) prod.by Mike Will Made-It
4. Poppin (feat. Benjazzy, YZERR & Bark) prod.by Mustard
5. Dead Coaster (feat. T-Pablow, Benjazzy & G-k.i.d) prod.by Wheezy
6. Foreign (feat. YZERR & Tiji Jojo) prod. Turbo & Wheezy

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

ストリートの週間ランキング

ストリートの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ