172

POPなポイントを3行で

  • 2019年のVTuber音楽を振り返るイベント「第1回 Vtuber楽曲大賞」
  • 「VIRTUAFREAK」主宰・飯寄雄麻さんら4人が登壇
  • 専用フォームで一般投票の受付も

最新ニュースを受け取る

2019年を振り返る「第1回Vtuber楽曲大賞」開催へ 一般投票も受付中

「第1回 Vtuber楽曲大賞」

2019年も残すところ約1ヵ月半。この時期になると発表されるのが毎年恒例の流行語大賞です。

今年は「令和」、「タピる」、「軽減税率」、「にわかファン」などがノミネートされ話題になっていました。

そのほかにも様々な「〇〇大賞」なるものがここから年末にかけて発表されていきますが、その中でもなんとも2019年らしいものが「第1回 Vtuber楽曲大賞」。

タイトル通り2019年に投稿、リリースされたバーチャルYouTuberVTuber)のオリジナル楽曲について有識者が語り合うイベントで、12月3日(火)にトークライブハウス「LOFT9 Shibuya」で開催されます。

4人のVTuber有識者による初の試み

今回イベントに登壇するのは、VTuberの音楽の祭典「VIRTUAFREAK」の主宰である飯寄雄麻さん、VTuberシーンを第一線で追い続けている編集者/ライターの森山ド・ロさん、音楽系個人VTuberのYACA IN DA HOUSEさん、VTuber事務所・ホロライブの音楽レーベル「イノナカミュージック」主宰のツラニミズさんの4人。

また、『第1回Vtuber楽曲大賞』の題字はバーチャル書家のぴろぱるさんによるもの。

それぞれ立場こそ違うものの、VTuberの音楽について最先端を発信しているという共通点のある4人はこのイベントで、一体どんなことを語るのか。

なお、同イベントでは楽曲大賞の一般投票受付も開始されました(外部リンク)。

チケットは1枚2,500円で現在販売中、先着での受付となっているので早めのお買い求めをおすすめします(外部リンク)。

2019年に発表されたVTuber音楽のほんの一部

I can't control myself/AZKi
花譜 #22 「過去を喰らう」
シンクロニティ by おめシス × BACK-ON
Kizuna AI - AIAIAI (feat. 中田ヤスタカ)
Яebel/ミライアカリ【オリジナル曲】
【オリジナル】ミルクティ【作詞作曲:富士葵】
HIMEHINA『 ヒトガタ 』MV
Augmentation (feat. Moe Shop) / KMNZ
幸せジャンク生活 / レオタードブタとヤギ・ハイレグ

VTuberの音楽事情

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「第1回 Vtuber楽曲大賞」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 157

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ