113

POPなポイントを3行で

  • 石野卓球さんがピエール瀧さん逮捕後に「アー写」を撮影
  • その投稿にファンからは「逆に愛しかない」の声が
  • ファンは二人の「電気グルーヴ」をいつまでも待ち続けている

最新ニュースを受け取る

電気グルーヴのアー写を撮り直す石野卓球さん/石野卓球さんのTwitterより

メンバーで俳優のピエール瀧さんが麻薬取締法違反の容疑で逮捕され、事実上の活動休止となっているテクノユニット・電気グルーヴ

逮捕が報道された直後から、ほとんどSNSを更新していなかった石野卓球さんが、昨日3月24日からTwitterを更新。

自身初のタトゥーとして電気グルーヴのロゴを彫った腕の写真と共に添えられた「Zin-sayは電気グルーヴ、電気グルーヴは人生」というツイートも大きな反響を呼んだ。 そして本日は「容疑者部分をカットして」撮り直しているという電気グルーヴの写真の投稿が再び話題を呼んでいる。

ファンからは「愛しかない」の声

3月12日、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧さん。

その影響から、15日・16日に公演を予定していた電気グルーヴの30周年ツアーは中止に。

また、音楽フェス『ARABAKI ROCK FEST.19』『FUJI ROCK FESTIVAL’19』の電気グルーヴ出演もキャンセルとなり、所属レーベルからは、瀧および電気グルーヴ関連商品の出荷停止や、店頭在庫回収、音源・映像のデジタル配信停止が発表された。

日本のテクノミュージック界にとって大きな存在であるユニットのメンバー逮捕は大きな余波を生んでいるが、残された石野卓球さんを心配するファンたちを安心させるように投稿された2組4枚の写真。

そこには、2人で撮った写真とあわせて、ピエール瀧さんなしで石野卓球さんだけで撮り直した姿があった。

過去には神聖かまってちゃんのリーダーであるの子さんとのキス写真をネットで公開するなど奇行やネタでファンを湧かせてきた石野卓球さんと、電気グルーヴ内で「瀧」担当であるピエール瀧さん。 かつて放送されていたラジオ「電気グルーヴのオールナイトニッポン」での(今では語り草となっている)とてもここには書けない蛮行も、破天荒な電気グルーヴのほんの一部でしかない。

ピエール瀧さんの逮捕が連日テレビなどで取り上げられている中、あえて相方を容疑者呼びし、写真を撮り直すという石野卓球さんのブラックユーモアたっぷりの行動に、いつもと変わらない電気グルーヴらしさを感じたファンからは喝采が寄せられている。 特に、富士山をバックに本来は2人が向き合っているはずの写真のソロカットは、明らかにピエール瀧さんの不在が強調され、それが「逆に愛を感じさせる」と評判だ。これも、電気グルーヴだからこそできる芸当だろう。

ロゴタトゥーから石野卓球さんの決意が表れているように、1日でも早く“2人の電気グルーヴ”を待ち望むファンたちのリプライで溢れた。

余波

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「電気グルーヴ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 10

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
匿名のユーザー

匿名のユーザー

関係ないすけど、富士山をバックにって、これ、ベルリンの壁ですね。

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ