32

スチャダラパー11年分の“余談“が本に 新録に電気グルーヴと小泉今日子

スチャダラパー11年分の“余談“が本に 新録に電気グルーヴと小泉今日子

『大余談』

POPなポイントを3行で

  • スチャダラパーが『大余談』を刊行
  • インディーズ雑誌のベストコレクション版
  • 様々なジャンルの豪華メンツと対談
ヒップホップユニット・スチャダラパーによるインディーズ雑誌『余談』のベスト回をまとめた書籍『大余談』が11月19日(金)に刊行される。

長年、幅広い活動をしているスチャダラパーらしい、アーティスト・漫画家・イラストレーター・女優・お笑い芸人などジャンルを超えた著名人との対談が一冊にまとめられている。

過去回からピックアップされたのは、以下の面々。

高木完、いとうせいこう、タケイグッドマン、久住昌之、宮沢章夫、清水ミチコ、天久聖一、バカリズム、根本敬、しりあがり寿、しまおまほ、堀雅人、安齋肇、岡村靖幸、岡宗秀吾、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)、玉袋筋太郎、かせきさいだぁ、井上三太、レキシ(池田貴史)、川辺ヒロシ、死後くん、加山雄三、五味太郎、シャシャミン、滝沢伸介(NEIGHBORHOOD)、都築響一、のん、中原昌也、みうらじゅん、藤原ヒロシ

これに加えて、エレクトロバンド・電気グルーヴと女優・小泉今日子さんとの対談が新録される。

書き手/タレントとしても活躍するスチャダラパー

左からSHINCOさん、Boseさん、ANIさん

MCのBose(MCボーズ)さん、ANI(スチャダラアニ)さん、DJのSHINCO(スヰンギン・シンコ)さんからなるスチャダラパー。

1994年に大ヒットを記録したシンガーソングライター・小沢健二さんとの楽曲「今夜はブギー・バック」で、一躍シーンを越えて日本中にその名が知れ渡った。

音楽活動に加えて、ゲーム雑誌の連載や子ども向け番組「ポンキッキーズ」レギュラー出演など、ヒップホップユニットという枠を超え芸能界でも活躍してる。

会いたい人に会う人気の雑誌『余談』

先輩・後輩・同世代、会いたい人に会いに行き、ただただ“余談”を繰り広げるインディーズ雑誌『余談』。スチャダラパーのメンバーが編集をつとめており、2010年にからおよそ年一回のペースで制作。2020年に通算10号目に至った。

一方で、スチャダラパーの自腹で発行するインディーズ雑誌のため、印刷した部数のみの販売となっており、過去作の購入が難しかった。

今回の『大余談』では、『余談』創刊からの余談をすべて網羅とはいかないが、ベストコレクションとして640ページに渡り、スチャダラパーと豪華ゲストの余談が収録されている。

メンバーよくなくなくなくない?

こんな記事も読まれています

書籍情報

『大余談』

価格
2223円(税込)
出版社
立東舎 (2021/11/19)
単行本
640ページ
ISBN-10
4845636247

関連キーフレーズ

5
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ