100

小説「機動戦士ガンダムTwilight AXIS」アニメ化! ラプラス戦争後の宇宙世紀

小説「機動戦士ガンダムTwilight AXIS」アニメ化! ラプラス戦争後の宇宙世紀

『ガンダム Twilight AXIS』/画像は公式Twitter(@g_twilight_axis)より

アニメーション制作会社・サンライズがオリジナルノベルを展開するWebサイト「矢立文庫」で連載中の小説『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』(トワイライトアクシズ)がアニメ化されることがわかった。

同作は、6月より公式アプリ「ガンダムファンクラブ」にて独占先行配信が開始される。
機動戦士ガンダム Twilight AXIS ティザーPV
また、YouTubeにてティザーPVも公開されている。

「矢立文庫」から初のアニメ作品!

小説版「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」の著者はTVアニメ『蒼き鋼のアルペジオ』『うたわれるもの 偽りの仮面』『アルスラーン戦記』などの脚本を手がけた中村浩二郎さん。

『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』/画像は矢立文庫より

アニメ化にあたっては、サンライズ所属のアニメーター・金世俊さんが監督をつとめ、ストーリー/コンセプトデザインは『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』『蒼き鋼のアルペジオ』などで知られる漫画家・Ark Performanceが担当する。

あらすじは、以下の通り。

U.C.0096、『ラプラスの箱』をめぐる事件後、改めて「サイコ・フレーム」の存在に脅威を感じた地球連邦軍情報部。
その謎に迫るべく、サイコ・フレームの影響で落下を防いだというアクシズに調査隊を派遣。調査団のメンバーの中にはアルレットとダントンという、かつて技術者とテストパイロットとして、ジオン公国、ネオ・ジオンの士官だった二人の民間人がいた…。
アクシズに潜入した調査団は、誰もいないはずの基地内で新型「ガンダム」の強襲を受ける。
そしてアルレットとダントンは、想像もしていなかった出来事に遭遇する…。 矢立文庫より引用

(左から)アルレット・アルマージュ、ダントン・ハイレッグ/画像は矢立文庫より

公式Webサイトで公開されているキャラクターは一年戦争時、ジオン公国軍の機動兵器開発に参加していたアルレット・アルマージュ。そして、ジオン公国、及びネオ・ジオン支配下のアクシズで、MS(モビルスーツ)のテストパイロットとしてデータ収集任務を担当していたダントン・ハイレッグ

(左から)ザクⅢ改、ガンダムAN-01/トリスタン/画像は矢立文庫より

登場モビルスーツとして、ザクⅢ改ガンダムAN-01/トリスタンが紹介されている。 「矢立文庫」初のアニメ作品となる今作。東京ビックサイトで3月25日(土)・26(日)に開催されるイベント「AnimeJapan 2017」バンダイナムコブース内でもティザーPVが流れるとのこと。 (C)創通・サンライズ

こんな記事も読まれています

作品情報

『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』

原作 矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
ストーリー・コンセプトデザイン Ark Performance
メカニカル総作画監督 阿部慎吾
美術監督 中村豪希
音楽 大間々昂
監督 金世俊
企画・製作 サンライズ

関連キーフレーズ

「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 50

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ