1030

お台場の実物大ガンダムが解体! ラストシューティング状態も話題

解体されるお台場「実物大ガンダム立像」/画像は湘南パイさんTwitter(@ShonanPai)より

東京・お台場のダイバーシティ東京プラザに約5年間設置され、ランドマーク/観光名所として人気を集めていた「実物大ガンダム立像」の解体・撤去作業が、3月14日(火)ついに執り行われました。

その様子を撮影した写真の数々が次々とTwitterにも投稿され、ガンダムファンの間で話題に。

左腕と頭がない状態から、『機動戦士ガンダム』最終話でガンダムが地面を踏みしめ、シャアが操縦するジオングに対して右手のビームライフルを真上へ突き出して発射した「ラストシューティング」を意識しているのではないか? という声もあがっています。

お台場のランドマークとして愛された「実物大ガンダム」

実物大ガンダム立像は『機動戦士ガンダム』に登場する「RX-78-2 ガンダム」をモデルに、2009年、「ガンダム放送30周年記念」と「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の一環として、お台場・潮風公園に設置。

立像としては世界初となる実物大ガンダムとして大きな話題を呼びました。

2010年夏には静岡県で開催された「静岡ホビーフェア」の会場に移り、2012年4月にダイバーシティ東京プラザへ移設。そこから約5年間、愛され続けてきましたが、3月5日(日)、展示終了となってしまいました。

今後はガンダム40周年に向けた「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」での企画検証/参考用とされ、展示予定はないそうです。

「実物大ユニコーンガンダム立像」イメージ/画像はGUNDAM.INFOより/(C)創通・サンライズ

「実物大ユニコーンガンダム立像」イメージ/画像はGUNDAM.INFOより/(C)創通・サンライズ

また、3月5日に行われたクロージングセレモニーでは、サンライズの社長・宮河恭夫さんより、2017年秋、新たに「実物大ユニコーンガンダム立像」を設置する計画が発表されてます。

ガンダムついに解体……ラストシューティング状態に!

3月11日撮影のガンダム立像/筆者撮影

3月11日撮影のガンダム立像/筆者撮影

展示終了となってから約1週間は、周りを厳重な塀で囲われ、ライトアップも停止。夜には暗闇にひっそりと佇むガンダムの姿がありました。

工事当日は、さまざまな角度から解体の様子が写真におさめられ、Twitterに投稿されています。

左腕が外されたガンダム。約5年間お台場に訪れた人を見守ってきただけに……切ないですね。

クレーンで運ばれていくガンダムの頭……。

頭部が解体されると、話題のラストシューティング状態に。なんと粋な計らいなのでしょう。

しかし、秋にユニコーンガンダムが設置されるまでは、ちょっとさみしくなりそうです。

ガンダムが組み立てられる時も同じ順番だったという情報も見受けられました。

なお、ダイバーシティ東京プラザ7階で営業されていたエンタメスペース・ガンダムフロント東京も、4月5日(水)までの営業となるそう。ありがとうガンダム! また会う日まで……(涙)。

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連キーフレーズ

「機動戦士ガンダム」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 143

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?