66

最新ニュースを受け取る

京大院生がキャバ嬢に!? 『キャバ嬢の社会学』刊行

『キャバ嬢の社会学』書影

社会学を研究する京大院生が、フィールドワークとしてキャバクラで働き、綿密な調査のもと書き上げた、『キャバ嬢の社会学』が星海社より2月25日(火)に発売された。

著者はライターとして「BLOGOS」などに寄稿している北条かやさん。北条さんは大学生と大学院生時に、合計10ヶ月間をキャバ嬢として勤務。その参与調査をもとに分析しまとめ上げた修士論文『キャバクラ嬢の社会学──「私たち」の接客戦略と「素人性」』が、本書のもとになっている。

現在、星海社が運営するWebサイト「ジセダイ」では、本書の第3章の冒頭部分までが無料で公開されている。

それじゃあ、目が印象的だからヒトミ。ヒトミだね。

著者が初入店時に記した日記からはじまる本書は、修士論文をもとにしていることもあり、様々な角度からの分析が盛り込まれた緻密な構成が魅力的だ。その一方でキャバ嬢同士の生々しい会話や、夜の世界の実情も記されており、キャバクラについて社会学的学びつつ、好奇心まで満たすことのできる1冊となっている。

そこでWebに公開されている冒頭部分から、印象的な部分を抜粋しよう。

北条さんがキャバクラの面接兼体験入店を受けに行き、早速、源氏名を決めるというシーン。

「それじゃあ、目が印象的だからヒトミ。ヒトミだね。で、名字は……っと。アイダ。相田瞳ね」 『キャバ嬢の社会学』より

そう店長から源氏名を付けてもらった北条さん。そしてこの後、いよいよ体験入店へ……という展開となっている。Webで公開されているのはここまで。これは続きが気になる!

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「北条かや」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 43

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ