21

e-talentbank

最新ニュースを受け取る

全米大ヒット、映倫R15+指定“オトナのための”CGアニメ映画『ソーセージ・パーティー』衝撃の予告編解禁!

2016年夏にアメリカで公開されると、あれよあれよと全世界興行収入1億ドル突破の大ヒットを記録!その大ヒットを受け、日本でも11月4日(金)より緊急公開が決定した、ハリウッドの問題児セス・ローゲン主演・製作の“オトナのための”コメディCGアニメ『ソーセージ・パーティー』。この注目作の超意味深なポスターと衝撃の日本版予告編がこのたび解禁となった。

心あたたまるアニメと見せかけて、15歳以上が鑑賞可能という意味の「R15+」の映倫指定マークとともに、「子供は見ちゃダメ!」という言葉から始まる予告編。 主役はソーセージやパンなど、人間たちに選ばれ、買われる「楽園」を夢見るスーパーマーケットの陳列棚の食材たち。彼らが、人間たちに残酷に食べられてしまうことを知った時の衝撃と反撃が描かれる。

そして、1本のソーセージが笑顔で気を付け!をしているように見える黄色い映画のポスターには、「新たなヒーローがたちあがる!」というコピーが。何が、どう、たちあがるのか、想像力が掻き立てられる1枚になっている。

監督は人気アニメ「きかんしゃトーマス」のグレッグ・ティアナンと、『マダガスカル3』のコンラッド・ヴァーノン。音楽は『美女と野獣』など数々のディズニー作品でアカデミー賞に輝く天才作曲家アラン・メンケン。
世界中に愛と希望と夢を届け続けてきた彼らが、『40歳の童貞男』(05)、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(07)、『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』(13/日本未公開)など、俳優・脚本・監督としてハリウッドで大活躍のセス・ローゲンと作り上げた、子供が見られない“オトナのための”CGアニメ。
絶妙?微妙?奇妙?な映画『ソーセージ・パーティー』が、食欲の秋、必ずオトナの心をワシ掴みにする!

関連URL
関連リンク

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ソーセージ・パーティー」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 17

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ