115

文芸誌『新潮』に「シン・ゴジラ論」掲載 執筆は大のゴジラ好き加藤典洋

文芸誌『新潮』に「シン・ゴジラ論」掲載 執筆は大のゴジラ好き加藤典洋

『新潮』目次 画像は新潮のTwitterアカウント (@Monthly_Shincho) より

文芸誌『新潮』の2016年10月号に庵野秀明さんが総監督をつとめた映画『シン・ゴジラ』の評論が掲載されることがわかった。発売は9月7日(水)となっている。

ゴジラ大好きの文芸評論家、加藤典洋が論ずる

評論は「シン・ゴジラ論(ネタバレ注意)」と題され、目次から推察するに、戦後と震災後という2つの観点を軸に論じられるようだ。

筆者は文芸評論家の加藤典洋さん。村上春樹さんや大江健三郎さんといった現代作家の作品批評などで知られているが、実は「ゴジラ」シリーズの大ファンでもあり、2010年にも単著『さようなら、ゴジラたち――戦後から遠く離れて』で戦後思想とゴジラを結ぶ仕事を行っている。

インターネット上でも様々な議論を巻き起こし、一大ムーヴメントとなっている『シン・ゴジラ』。文芸評論の第一人者でゴジラ愛好家でもある加藤さんはどのように読み解き、論ずるのか、注目される。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

43
71
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ