三島由紀夫がノーベル文学賞受賞まであと一歩だったことが判明!

三島由紀夫がノーベル文学賞受賞まであと一歩だったことが判明!
三島由紀夫がノーベル文学賞受賞まであと一歩だったことが判明!
近年では作家の村上春樹さんが受賞するのではと毎回大きく報道がなされ、ファンも心待ちにしているノーベル文学賞。そんな同賞はこれまで日本人作家として川端康成さん、大江健三郎さんの2名が受賞していたが、このたび1963年の段階で三島由紀夫さんが受賞まであと一歩というところまで選考に残っていたことが判明した。

そもそもノーベル賞に関しては、50年間選考過程を非公開とするという取り決めがある。その期限を喪失したことで、ノーベル賞を主催するノーベル財団が公式ホームページ上でこのような情報を発表した。発表によると、1963年のノーベル文学賞の80人の候補の中に三島由紀夫さんも含まれており、この年の受賞者である詩人・イオルゴス・セフェリスさんや、世界的な劇作家・サミュエル・ベケットさんとともに最終選考直前の6名の候補に残ったとのことだ。

当時の三島さんは、その後代表作として表される『潮騒』や『金閣寺』、ベストセラーにもなった『美徳のよろめき』などを上梓済みで、国内はもちろん、世界的にも評価を集めつついた段階。さらにはSF的な視点を持ち込んだ『美しい星』や、フォルメントール国際文学賞候補になった『午後の曳航』など、新たな作風も取り入れるなど意欲的な創作を続けていた時期だった。

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

本・文芸の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ