241

米の大作家トマス・ピンチョン、『Ⅴ.』刊行から50周年で新作発表

米の大作家トマス・ピンチョン、『Ⅴ.』刊行から50周年で新作発表

新潮社から刊行が続けられている「トマス・ピンチョン全小説」シリーズ。2010年より『メイスン&ディクスン』の翻訳を皮切りに開始された。

小説家のトマス・ピンチョンさんが、出版最大手といわれるイギリスのペンギンブックスから新作『Bleeding Edge』を2013年9月17日に刊行することが発表された。詳細はまだ明らかになっていないが、2001年9月11日のニューヨークが物語の舞台として設定されているとのこと。

ピンチョンさんは不条理な筋書きで脱線や混濁を反復しながらも、破壊的な爆笑を誘うようなユーモアと膨大な博識に支えられた細密なディテールを持った作品群から、アメリカ・ポストモダン文学を代表する作家として知られている。

日本国内でも多くの作家に影響を与えている他、50年のキャリアにも関わらず長篇がわずか7作という寡作な作家であり、マスメディアにもほとんど顔を見せないこともあって、独自の地位を確立している。しかしながらその人気は世界的に高く、ノーベル文学賞の候補としても毎年のように名前が挙げられている。近年では新潮社から「トマス・ピンチョン全小説」シリーズの刊行が行われており、著作の日本語訳・日本国内での普及が進められている。

ピンチョンさんのデビュー作は1963年刊行の『V.』という、のちにフォークナー賞を受賞した長編小説。それから半世紀経ってからの新作ということもあるが、アメリカ文学史を代表する大作家・ピンチョンさんがいかにして9.11.を描き出すのか、新作に大きな注目が集まっている。



Thomas Pynchon's new novel set in New York just before 9/11

http://www.guardian.co.uk/books/2013/feb/26/thomas-pynchon-new-novel-911

Thomas Pynchon's First Novel Turns Fifty: The Youthful Honesty of & : The New Yorker
http://www.newyorker.com/online/blogs/books/2013/03/thomas-pynchon-v-novel-bleeding-edge.html

トマス・ピンチョン全小説|新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/zenshu/thomaspynchon/collection/

関連記事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

145
Share
20
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ