33

IT時代の寵児・堀江貴文、故スティーブ・ジョブズを語る

IT時代の寵児・堀江貴文、故スティーブ・ジョブズを語る

緊急特番「堀江貴文とスティーブ・ジョブズ」/画像はWebサイト「ニコニコ生放送」より

2011年10月、惜しまれながらも56歳という若さでこの世を去った、Appleの創業者であり、世界的な経営者としても名を馳せているスティーブ・ジョブズさん。そんなスティーブ・ジョブズさんを題材にした映画『スティーブ・ジョブズ』が、いよいよ2013年11月1日(金)から公開される。

それを記念して、国内随一の経営力を誇る国内IT業界を牽引した堀江貴文さんを迎えた緊急特番「堀江貴文とスティーブ・ジョブズ」が、11月5日(火)に「ニコニコ生放送」で放送されることがわかった。

ほかにゲストとして、グラビアアイドルの松嶋初音さんが出演。MCは〝自称映画ブロガー〟のジャンクハンター吉田さんが務める。

ジョブズさんと同じく、技術者・経営者としての確かな手腕を世間に見せつけながらも、逮捕・収監されるなどの挫折を味わったことのある堀江さんが、スティーブさん自身について、そしてスティーブさん亡きAppleの今後について、徹底的に語る内容になるとのこと。

未来を見据えた製品を世に贈りだす

時代のトレンドや方向性を予見し、iPhone、iPod、iPad、Macintoshなど、常に最先端のデザインや機能性を兼ね備えた製品を次々と生み出してきたスティーブ・ジョブズさん。

70年台後半にAppleを創業し、巨額の富と名声を得るも、経営不振などの理由からAppleを一度は追放された。それから約10年の時を経て再びAppleへ舞い戻り、前述したiPhoneなどのヒット製品を生み出してきた。

抜群のカリスマ性で業界を牽引

対して今回の特番に迎えられたゲストの堀江さんは、株式会社ライブドアの元代表取締役CEO、そして、ロケットシステムなどの宇宙開発を手がけるSNS株式会社のファウンダー(創業者)、さらには2013年6月に立ち上げられた「株式会社7gogo(ナナ・ゴー・ゴー)」のファウンダーを務めるなど、経営者としての抜群のカリスマ性を放ち続けている。

2011年6月、旧証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載、偽計・風説の流布)の罪で実刑判決を受けて収監されるも、メールマガジンやTwitterを通して、質の高い情報を発信し続けた。

2013年3月に仮釈放され、前述した「株式会社7gogo(ナナ・ゴー・ゴー)」は〝堀江貴文氏仮釈放後第一弾プロジェクト〟と銘打たれ始動したものだ。

さまざまな紆余曲折を経ながらも、その勢いをますます加速させている堀江さんが、世界的な経営者であるスティーブ・ジョブズさんについてどう語るのか注目が集まっている。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

33
Share
0
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ