440

TENGAロケット、1000人分の思い乗せ宇宙へ 宇宙用TENGAの開発も始動

「TENGA ROCKET PROJECT」/画像はクラウドファンディングページから

POPなポイントを3行で

  • 「TENGA ROCKET PROJECT」発表
  • インターステラテクノロジズとの共同プロジェクト
  • 堀江貴文らと2021年夏ごろの打ち上げを目指す
TENGAインターステラテクノロジズによるロケット打ち上げプロジェクト「TENGA ROCKET PROJECT」が発表された。

1月26日にTENGA社長の松本光一さん、インターステラテクノロジズ創設者の堀江貴文さん、代表の稲川貴大さんが登壇し、記者会見が行われた。

同プロジェクトは、クラウドファンディングなどを行ったあと、2021年夏頃の打ち上げを目指しているという。

会見には自身も宇宙に行くことになる「TENGA ROBO」も登場。宇宙への豊富を語っているのだが、その声に聞き覚えがあるという人も多いだろう(動画の26分頃から登場)。

「TENGA」が宇宙で目指す3つのミッション

「TENGA ROCKET PROJECT」では、主に3つのミッションが掲げられている。

1つ目のミッションは「TENGA MESSAGE POD」。

「TENGA MESSAGE POD」

1000人を目標に想いや願いを集め寄せ書きにし、TENGA型メッセージポッドに入れてロケットから宇宙へ射出。集めた想いを宇宙へ解き放つ。

2つ目のミッションは「SPACE TENGA ROBO」。TENGAの公式キャラクターでもあるTENGAロボが、宇宙仕様となってロケットに搭乗。

「SPACE TENGA ROBO」

メッセージ射出後にTENGAロボも宇宙に飛び出し、こちらは地球帰還を目指すことになる。

TENGAロボが宇宙に飛び出す様子は、打ち上げ当日にロケットから中継される予定だ。
TENGAロボ宇宙へ 前編
3つ目のミッションは「SPACE TENGA」。ロケットにデータ計測用のTENGAが搭載され、宇宙空間での状態の変化を計測。

来る宇宙生活の時代に向け、無重力でも使用可能なTENGAの開発を目指す。

「SPACE TENGA」

TENGAの熱い伏線回収、メモリアルプレートをつくるのは…

「TENGA ROCKET PROJECT」では、クラウドファンディングのリターン品の一環として支援者の名前を刻んだメモリアルプレートが一緒に打ち上げられる。 この鉄板を制作するのは、TENGA初のトレーニングギアとして話題になった「TENGA WORKOUT GEAR」を製作した株式会社キャステム。

さらに、TENGAロケットにも株式会社キャステム製の部品が使われる。

越境していくコンテンツ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

435
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ