魔女の宅急便

まじょのたっきゅうびん

魔女の宅急便(まじょのたっきゅうびん、英: Kiki's Delivery Service)は、日本の児童文学作家、角野栄子(かどの えいこ)による児童文学作品、およびスタジオジブリ制作によるアニメ映画化作品である。

魔女の宅急便

あらすじ

物語は、魔女の血を引く13歳の少女、キキが主人公である。キキは、魔女としての修行のために黒猫のジジと共に新しい町に引っ越し、独り立ちすることを決意する。新しい町コリコで、キキは空を飛ぶ能力を活かして宅急便の仕事を始める。そこで出会う人々や経験する出来事を通じて、キキは成長し、自分の居場所を見つけていく。

アニメーション映画

宮崎駿監督によるアニメーション映画版は1989年に公開され、スタジオジブリによって制作された。映画は原作のストーリーを基にしつつ、独自の解釈と追加要素が加えられている。映画版は高い評価を受け、国内外で多くの観客に親しまれている。

受賞歴

第13回日本アカデミー賞話題賞
第44回毎日映画コンクールアニメーション映画賞
第7回ゴールデングロス賞最優秀金賞、マネーメイキング監督賞、予告編コンクール賞
エランドール賞特別賞
キネマ旬報・読者選出日本映画1位・読者選出日本映画監督賞
全国映連賞・作品賞・日本映画監督賞
文化庁優秀映画製作奨励金交付作品

関連項目

スタジオジブリ
宮崎駿
アニメーション映画

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

記事アクセスランキング

アニメ・漫画

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

ページトップへ